SAD発症から4年経過した今、販売の仕事に再就職をしています

私がパニック障害、社会不安障害(SAD)と診断されたのは、
丁度今から4年前の6月のことでした。

当時私は22歳、パソコン関係の仕事をしていました。

ある日仕事中に過呼吸のような症状、動悸、凄まじい焦燥感に襲われ、
思わず職場から飛び出してトイレにこもり
落ち着くのを待つしかありませんでした。

その後も過呼吸のような症状はなくなったものの、
突然襲ってくる動悸、叫びだしたくなるような焦燥感を何度も味わい、
たまらず内科の診察を受けました。心臓の病気かと思ったのです。

すぐに不整脈の検査やレントゲン撮影など
幾つかの検査を受けることになりました。

ところが検査結果を見た先生に言われた言葉は…
「うちではお薬は出せるけどあなたの症状を改善することは出来ない、
心療内科を受診してはどうか?」でした。

すぐに近くの心療内科の予約をとり、
カウンセリングや簡単な問診を受けた後、
社会不安障害とパニック障害であると診断されました。
仕事のストレスが原因だろう、とも言われました。

正直、目の前が真っ暗になるほどのショックを受けました。
精神病?通院が必要なのか?仕事はどうなるのか?
不安でいっぱいな気持ちでした。

担当の先生とも相談し、
SSRI抗不安剤を2種類飲み続けることになりました。

お薬を飲むと不安感や動悸は治まるものの、外に出るのも怖い、
安心出来る誰かがそばにいてくれないと不安…

毎日薬と薬を飲むための水をカバンに常備し、
いつ発作が起こるかと緊張する毎日でした。

だんだん外に出るのが怖くなり、
結局仕事を自主退職することになりました。

貯金も少なく、このまま病気が治らなかったら…
という気持ちで毎日が本当に憂鬱でした。

家族の支えがなければ自ら命を絶っていたかもしれません。
それくらい毎日が辛かったのです。

投薬を始めてから1月程度は何も変化はなく、
このまま病院に通っていて意味はあるのか?とも考えました。

投薬とカウンセリングを始めて半年ほど経過したころから、
だんだんと外での動悸、息苦しさが少なくなってきたような気がします。

1年半ほど治療を進めた結果、抗不安薬の服用はかなり減り、
薬を飲まなくても外出が出来るようになりました、本当にうれしかったです。

SAD発症から4年経過した今、私は現在販売の仕事に再就職をしています。
朝9時から18時まで人と接してばかりの毎日です。

今は全く発作は起こりません、先生と相談した結果、
もう薬は飲んでいません。通院もしていません。

お守り代わりに一応いつもカバンに抗不安薬は入っていますが(笑)

外に出るのも怖い、人と接するのが怖い、
そんな風に思っていたあの頃の自分が嘘のようです。

社会不安障害パニック障害は本当に難しい病気で、
なった事のある人にしかこの辛さは分からないと思います。

ですが、諦めずに治療を続けることによって
絶対に改善する日が来ると思います。

この文章を読んでくれたあなたが
笑顔で過ごせる日が来るように祈っています。

バスに乗車していて大きいお金しか持っておらず、 両替しなければならない時、極度の不安に襲われます

私は、社会不安障害からうつ病を患い、
今現在、精神科へ10年以上通院しております。

周りの目が気になって仕方が無く、
異常なまでの不安感や緊張感に襲われてしまい
震えや赤面、動悸、声が出ない等の症状が出てしまうからです。

精神科の担当医は「誰も貴方をそんなに見ていない」と言いますが
周りの目が気になってしょうがないのです。

私の場合の一例を上げると、
バスに乗車していて大きいお金しか持っておらず、
両替しなければならない時、極度の不安に襲われます。

普通に、両替出来れば良いのですが、
社会不安障害の患者はそうはいきません。

「もし両替に時間が掛かって、他の乗客に迷惑をかけてしまったらどうしよう。」
「立ち上がり、両替機の前まで歩く時、ふらついて転んでしまったらどうしよう。」
と、不安がよぎります。

だからといって、他人のこんな場面に出くわしたら、どう思うのか。
全く気にしていません。

社会不安障害の患者は分かっているのです。
自分が気にしすぎているという事を。

でも、極度の予期不安で体調が悪くなってしまうのです。

人に注目を浴びないように…歩いて帰ろう。
バスに乗車する前に小銭をキッチリ用意しておこう。

人目に付かない行動を取るようになってしまいます。

それでも、周りの視線を浴びなければいけない事は、
生活していく上で多々あります。

私は次第に、普通の生活をしていく事が困難になっていきました。

「このくらいの悩み事で、心療内科や精神科へ行くのも恥ずかしい」
「きっと、こんな思いを医師に話しても呆れられるだけだ」

もうどうしようもなく、
私は当時通っていた大学を辞めてしまいました。

今思う事は、もっと早くにこの病気を知っていて
精神科に受診していたら、ここまで悪化はしなかったでしょう。

現在は、外出する時に処方された抗不安薬を飲み、
普通の生活に戻りつつあります。

小学校の頃の引越(転校)で社会不安障害になり、今はインデラルという βブロッカーと呼ばれるお薬でしのげています

初めまして。
普通の会社員している31歳女性です。

少しだけ私が社会不安障害と診断されてからの
出来事を綴っていこうと思います。

私は小学3年のときに大阪から地方へ引っ越してきました。

もともと活発な性格の私でしたが、
引越し(転校)してから引っ込み思案になりました。

なぜかというと、環境が変わり友達も一から作るという
小学3年の私にとっては重大なことだったからです。

数ヶ月はクラスにも馴染めず辛かったことを覚えています。

小学5年生の頃、国語の授業中に先生に当てられ
教科書を読むようにと言われました。

それまでは何も感じていなかったのですが、
その時は急に教科書を持つ手が震え手足がガタガタと震えました。

私も急なことなので「なんで?」と疑問でしたが、
それが今後の人生を左右するなんて夢にも思いませんでした。

それから中学・高校と進学していく中で、
人前で何か発言することが恐怖に変わり、
学校へ行くのが本当に嫌で仕方がありませんでした。

友達と会話することはなんともなく、むしろ楽しいのですが
授業中に人前にたって発言するときにだけ発作?
のようなものが出始めるようになりました。

高校生の頃は、本気で学校辞めたい!と悩んだほどです。

ですが、この悩み・不安を
誰に打ち明けていいのかわからないまま大人になっていました。

大人になるまで「人よりも緊張するタイプなんだ」と思っていましたが、
大人になって更に人前に立つことが増えてしまい、
症状はさらにエスカレートしていきました。

とにかく私の症状は、声・体の振るえ、動悸、息切れ、
予期不安(ありもしないことを考えてしまう)、
言葉がうまくしゃべれなくなるといった症状でした。

なかなか世間には受け入れてもらえない病気です。

心療内科にも精神科にもかかり、
精神安定剤など処方してもらいましたが私には何の意味もありませんでした。

気休めでしかなかったですね。

心療内科・精神科の先生からは
「社会不安障害・あがり症は気の持ちよう」とか
「あなたは緊張してるかもしれないけど、
人はそれほどあなたの話を聞いていないから
もっとリラックスした方が良い」など言われ、絶望しました。

今でもあのときの気持ちをはっきり覚えています。
ネットで徹底的に「社会不安障害 治療」と何度も何度も調べました。

ですが、これで治る!という方法は残念ながらないようです。

社会不安障害・あがり症に悩まされて20年以上経ちました。
いまだに症状は完治しておりません。

ですが、今はインデラルという
βブロッカーと呼ばれるお薬を飲んでいるので一時的には凌げている感じです。

現在、私は仕事をしながら
アロマセラピストの勉強をしています。

資格を取得して自分と同じような症状で悩んでいる人の
力になるのが私の夢ですね!

社会不安障害に悩んでおられる方は少なくないと思いますが、
いつかきっと治る!と信じて前に進んでいってほしいです。

社会不安障害を回復できたのは、周囲の人の理解と過保護ではない優しさでした

大学生の頃、少人数のゼミなどに参加し、
皆の前で自分の研究を発表しなくてはいけないという状況を知った際、
失敗したらどうしよう、皆に笑われたらどうしようと考えるようになりました。

そこから日にちが経つにつれ、ゼミの不安感というよりは、
漠然とした不安感や恐怖感でいっぱいになり、
外に出ることさえも怖くて仕方なくなりました。

その後、藁にもすがる思いで心療内科を受診しました。
社交不安障害」と病名が付いた時、とても救われました。

私は病気だったのだ、私の性格の問題ではなかったのだ、
薬を飲んで治療をすれば普通の生活に戻れるのだと。

両親、友人に話すのが怖くて仕方なかったのですが、
学校に行けていないため、伝えるしかありませんでした。

両親、友人ともに大事にはせず、
受け入れてくれた事は本当に感謝しています。

基本的に外に出るのが不安で仕方なかったのですが、
「緑のいっぱいある所」「水のある所」には行くことができました。
(例えば、緑が生い茂っている公園、温泉)

きっと、気持ちが落ち着くのだと思います。
両親も友人も公園や温泉に付き合ってくれました。

また、人前でご飯を食べることも恐怖になっていたのですが、
「じゃあ食べなきゃいいよ、私はお腹が空いたから食べるけど」と
私を気にせず食事をしてくれていました。

周囲の人の「行きたいところに行けばいい、食べたくないなら食べなくていい」
という丁度いい放置が本当に助かりました。

私は「大丈夫?それは大変!なんとかしなきゃ」というように、
皆から気を使われるのが嫌だったのです。

結局ゼミには出席することはできませんでしたが、
両親と友人がつかず離れずの距離を保って私の行動範囲を少しずつ広げてくれたおかげで、
今は普通に外に出ることができるようになりました。
(人前で発表等は今でも不安感に襲われますが、以前のように嘔吐することは無くなりました)
因みに、不自由と感じない生活に戻ったのは、受診してから1年半後でした。

今は、大学も卒業し、社会に出て働いています。

私が社会不安障害を回復できたのは、
周囲の人の理解過保護ではない優しさだと思っています。

ちなみに、服薬はその後も頓服薬のみ使用等で5年ほど続けましたが、
今は服薬していません。

自分に対する苛立ちや劣等感から、ますます人目が気になるという悪循環に陥っていたように思います

10代のおわりに、社会不安障害という診断を受けました。

大学入学後間もなかったのですが、当時は通学ができず、
通院して待合室に座っているということ事態が苦痛で、
またそんな自分に対する苛立ち劣等感から
ますます人目が気になるという悪循環に陥っていたように思います。

一人暮らしだったため、ほとんどお医者さまとしか会話しない状態でした。

はじめは投薬と、ほんの少し話を聞いてもらうだけという治療が続きました。
1年ほどそれが続いたと思います。

目覚しい変化というものはありませんでしたが、
不安で恐ろしいなりに、大学へ行ってみようかという気持ちがうまれていました。

お医者さまに励まされたこともあり、通学してすぐ帰ってくる、
という生活を始めました。

その頃もやはり、自分の状況に焦りや苛立ちがありました。

年度がかわり、留年してしまっていた私は年下の人の中で、
また少しずつ通学していました。

顔を出し続けることで話す相手が自然とでき、友人になり、
友人に引っ張られて通学するようになりました。

この頃には少し長くお話できるようになっていたためか、
投薬と平行してカウンセリングも受けることを勧められ、そうしました。

相変わらず怖いことだらけでしたが、
友人にせっつかれて、アルバイトも始めました。

この辺りで、私ははじめて自分の状況を振り返り、
認めてやることができるようになりました。

通院して薬を飲んでも、なかなか効果が実感できないこともあると思います。
風邪薬のようなイメージでいると、焦ってしまうこともあります。

もやが晴れるように、という表現がありますが、
私が社会不安障害の治療を受けている中で感じた回復の仕方は、
海の真ん中から陸を目指しているようなものでした。

はじめは陸が見えず、また近付いても波のせいでまた遠ざかることがあり、
でも気が付けば足の付く浅瀬まで来ているのです。

焦らず、ゆったり構えて自分を眺め、
今できるようになったことを数えるようにしてください。

きっかけは中学の時、些細な事で担任の先生が怒って教卓を蹴ったことでした

私は小さい頃から人見知りで、
クラスでもあまり目立つ方では無かったと思います。

自分の中では「みんなに好かれたい、嫌われたくない」と
いつも思っていました。

中学二年の頃までは何も支障なく学校に行けていましたが、
社会不安障害を発症したきっかけなんじゃないかと思う
出来事がその頃にありました。

1限目が始まる前に10分位のHRがあったのですが、
その時に些細な事で担任の先生が怒って教卓を蹴ったんです。

その時私は1番前の真ん中の席に座っていました。

普段から怒りっぽい先生だったのですが、
何故かその時だけとてもびっくりしてしまい震えが止まりませんでした。

とにかくその時は震えている自分を後ろにいるみんなに見られたくなくて、
震えを止めようと必死でした。

結局HRが終わるまで震えは止まらなかったです。

その後その事について誰にも何も言われませんでしたが、
それから視線大きい音を必要以上に気にするようになって、
授業中も震えたらいけないということに必死で硬直していました。

高校になってから電車通学になり、
電車に乗ると視線を気にして震えたり吐き気がしたりという症状も出てきて、
学校もたまに休むようになりました。

高校二年の頃に、なんとなく自分の症状をインターネットで調べました。

その時に視線恐怖症、対人恐怖症、
社会不安障害などという病気があることを知りました。

そしてそれは治るということを知り、
まず近くの心療内科に行ってみようと決めました。

両親にもこんな症状で悩んでいることを黙っていたので、
初めて打ち明ける時はとても言い難かったですが、
病院に付いて行ってくれると協力してくれました。

そして初めて病院に行き、あがり症克服や社会不安障害についてなどの冊子と
薬を出してもらいました。

薬は効果が出るまで2週間くらいかかると言われていたので、
飲み始めは副作用もありましたが、病院に通いながら頑張って続けました。

合う薬なども考えて下さって色々な薬を飲んだりして、
副作用が辛く学校に行けない日があったり、
もう消えてしまいたいと自己嫌悪になったり、辛いことも沢山ありましたが、
少しずつ視線や音に対する恐怖や緊張感なども無くなっていきました。

薬を飲み続けながら、なんとか高校を卒業して、専門学校に進学しました。

それから薬からも卒業することが出来て、
アルバイトですが三年くらい問題なく生活出来ていました。

ですが突然再発してしまったんです。

アルバイトは接客をしていたんですが、今まで問題なく出来ていたのに、
何故か視線を感じると震えが止まらなくなり、
その仕事を続けることが出来なくなって辞めてしまいました。

そして今、昔以上に症状が悪化したように思います。
家族と食事することさえも辛いです。

何が原因で再発してしまったのか分からないのですが、
今思うのは、薬は確かに症状を緩和してくれました。

ですが根本的な治療にはならないと思います。

病院に通っていた当時はカウンセリングも受けていましたが、
途中で行かなくなってしまいました。

辛い症状が無くなることは確かに大切ですが、
一番大切なのはカウンセリングなどで根本的なところの心の治療というか、
トラウマを克服したりすることなのかなと思います。

現在も社会不安障害は克服出来ていませんが、
これからちゃんと治すことが出来るように頑張っています。

社会不安障害だと気づいたきっかけは、妊娠・出産でした

第一子を出産後、かわいいはずの我が子をかわいいと思えず、
周囲に「相性が悪い」とこぼしていたほど気持ちが荒んでいました。

仕事をしていないのに、どうしても一人になりたいからと
保育園探しを必死にしていました。

そんな時、心療内科を受診しました。

当初は「産後鬱」という診断でしたが、
幼い頃から自覚のあった「対人不安」などを医師に相談すると、
社会不安障害」だと診断されました。

「アスペルガー症候群」かもしれないと悩んだ時期もありましたが、
医師から診断されたことですごく気持ちが晴れました。

幼い頃から「複数の人の前に出ると手と声が震えるほど緊張する」
「電話に出るのが苦痛」「仲良くなった関係を自分から壊す」
「大事なものをなくす」などの自覚症状があり、
「アスペルガー症候群」か「ADHD」なのではないかと悩んでいました。

世間知らずでもあり、30歳を超えたあたりから
やっと普通の人の感覚がわかるようになってきたほどです。

滅多に合わない主人の家族にも失言を多々しており、
主人に怒られたこともあり後で一人になって自問自答して後悔の嵐です。

これまでの友人関係も然りです。
診察してくれた医師によると、「アスペルガー症候群」ではないとのことでした。

でも、その医師は診断テストをしてくれたわけではなく
私の話を聞いて判断しただけなので、
私自身はまだ自分が「アスペルガー症候群」ではないかと疑っていますが。

とりあえず「社会不安障害」と産後鬱をどうにかしなければと思い治療を始めました。

お薬を服用しだしてからは、だんだんと気持ちが落ち着いてきて、
我が子をかわいいと思える余裕も出てきました。

そして、アルバイトをしながら電話にも出られるようになってきました。

だんだん良くなってきて、お薬も減らしてきていた頃に第二子を妊娠したので
そこで治療を終了することになりました。

その後は人と話していてもさほど緊張せず、
出産後、授乳後とお薬を服用せず普通の生活を送れていたのですが、
その頃のアルバイト先で対人関係のトラブルを起こしてしまい、
極度の緊張で心拍数が100を超え、人と会話することが怖くなり、
結果仕事を続けることができなくなって辞めざるを得なくなりました。

その後、また心療内科に行きお薬をもらい、
子育てに専念して自宅にひきこもりながら
自分を落ち着かせるようにしてきました。

今回はカウンセリングが必要だと思い、
カウンセラーのいる別の心療内科を受診しました。

そちらで話を聞いていただき、だんだんと落ち着いてきて、
また普通の生活をおくれるほどにはなってきました。

今は通院しておらず、残っているお薬をいざという時に服用する程度です。

ですが、まだまだ普通の方のようにママ友をたくさん作ったり、
接客や営業のような仕事をすることはできません。

ですが、少しずつママ友ができてきて引きこもりも改善してきています。
それに、開き直って自分に向いている仕事を探しているところです。

今までトラブルが多かったのは、向いていない仕事を無理してしていたから、
だからすぐ仕事をやめてしまっていたのではないかと思います。

幼いころに人と接する努力をしなかったことも悪かったでしょう。

10代の間にいろんな失敗をしておけば、20代30代とをかかずにすんだはずだし、
恥だからといって緊張することもなかったと思います。

幸い主人が理解してくれているので助かっています。

これからも自分でどうにもならない時はお薬に頼りながら、
でもなるべく少しずつでもいいから人と接する努力をしていきたいと思っています。

社会不安障害と診断され、リーゼという抗不安薬を処方して貰いました

大学生の頃、学習塾でアルバイトをしていました。

教師志望という訳ではなく、時給が良く、
受験の経験を活かせるという理由から、塾講師のバイトを選びました。

元々、完璧主義真面目だった私は、
生徒の悪態や先輩のアドバイスも、必要以上に重く受け止めてしまい、
バイトを始めて半年が過ぎた頃には、「子供と向き合うのが怖い
という状態になってしまいました。

もちろん、家族にも友人にも相談できませんでした。
子供が怖くて仕事がつらい、というのは、
自分の甘えが原因だと思っていました。

そんな自分は、塾講師として失格だと自分を責め、
失敗に怯えながら授業をしていました。

教室に入ると、緊張する。事前に家で予習してきても、
失敗が怖くてドキドキしながら授業をしている。

……という状態がしばらく続き、精神的につらくなったので、
初めて心療内科にかかりました。

そこで、「社会不安障害」という病名を知りました。

社会不安障害というのは、人前で何かをするのが怖かったり、
社会生活をする上で人と関わることが怖いという状態
だそうです。

私の場合は、「生徒の前で授業をするのが怖い」という点が当てはまりました。

先生の話を聞き、「リーゼ」という、
不安を抑える薬の中でも一番効き目の緩やかなものを処方して貰いました。

「生徒や授業が怖いと感じたらどうしよう」という不安もありましたが、
薬も飲んでるし、不安だけどきっと大丈夫だ

という風に、前よりも気分が安定してきました。

その後1ヶ月でアルバイトは辞めましたが、
リーゼのおかげで、「不安を感じる自分を責める」ということが減り、
不安を感じても大丈夫だ。という安定感が生まれました。

「社会不安障害」は、不安を感じている本人が一番つらいと思います。

不安を感じる自分を責めず、心療内科の先生や薬の力を借りて、
少しずつつらい気持ちを減らしていけたら、良いと思います。

大学を卒業した今でも、パーティや初対面の人と会う場面は不安ですし、苦手です。

そういう時は心療内科で「リーゼ」を頂いて、
「不安に感じても良いんだ」と安心するおまじないを唱えてから、
無理をしないように出るようにしています。

私の社会不安障害を救ってくれたのは、新聞に載っていた記事でした

私は、「社会不安障害」という言葉が生まれる前から社会不安障害です。
最初に付いた診断名は、対人恐怖症でした。

社会不安障害は、パニック障害とも似通っていると思います。
特定の場所でドキドキしたり、吐き気がしたり、人によって症状は様々です。

私は、広場恐怖があり、逃げられない状況になると
吐き気がして意識が遠のきます

体が震え芯から冷たくなります

こんな私を救ってくれたのが、新聞に載っていた記事でした。

こういう症状は病気なんだと、
病院へ行き適切な処置をすれば治るんだと教えてくれたのです。

しかし当時は心療内科やメンタルクリニックなどほとんどなかった時代です。
私は不安になりながらも電話帳を広げました。

すると、近くに心療内科があるではありませんか。
私は勇気を出して、病院へ行きました。

精神科も標榜していた大きい病院だったので、
待合室は初めての人間には戸惑う場所でした。

暗い場所に、いろんな年代の人たちがいました。

私の番になり名前を呼ばれて、
私は先生が怖い人だったらどうしようかと思いました。

「あなたは病気じゃない、甘えているだけ!」そう言われたら。

そして心の問題なのに、それが薬で解決できる、
というのもいまいちピンときていませんでした。

しかし病室に入ると先生は優しく迎えてくれ、
抗不安薬を処方してくれました。

「これで楽になるからね。」私が、
「治るのでしょうか。」と恐る恐る聞くと、
「治ります。」と言ってくれました。

そして少したって人前に出る用事ができた時、
初めて薬を飲みました。

その日はその用事のことで頭がいっぱいで、
ものすごく緊張していました。

…が、十五分もするとその不安は消え、
私の気持ちは落ち着きを取り戻しました。

何も怖くない。

全然平気!

私はその日、無事に用事を済ませ、薬のすごさを知ったのです。
今も私は薬を飲んでいます。でも、その回数は減ってきました。

できることがどんどん増えました。

薬を飲んでですが、できることも増えました。

私は、薬を飲んでいても、人間らしい生き方ができれば
それでいいんじゃないかと思います。

何もできないで家に閉じこもっているよりずっといい

今もし苦しんでいる方がいるならば、
少し勇気を出して病院へ行ってください。

きっと今の生活よりずっと生きている実感を
感じることができるようになると思います。

社会不安障害とうまく付き合う方法

私は学校を卒業して社会に出てから社会不安障害(SAD)になりました。

もともと人前で話すことが苦手だったりする性格だったので、
学生時代はみんなにまぎれることでごまかしていました。

でも社会に出ると学生時代とは違い、
いろいろとストレスも増え体調を崩すようになりました。

もともと自分に自信がなかったこともあり、不安を感じることも増えました。
だんだんと外を歩くことにすら恐怖感を感じるようになってきました。

ひどい時はチャイムが鳴っても玄関を開けることができないくらいでした。
それくらい人に合うこと自体に恐怖感不安感を感じていました。

どうしようもなくなり自らメンタルクリニックを訪れました。

始めは一人で外出することも不安だったので母に付き添って貰って行きました。
病院では社会不安障害と診断されました。

それまではなんとか外に出て働かなくてはと
追い立てられるような気持ちが常にあったのですが、
病名がついたことでとても安心したのを覚えています。

私は頑張っても人並みのことが出来ないと自信を失っていたので、
病気だから仕方ないと思えたことは救いでした。

それからは家でのんびりと生活することにしました。

しばらくして薬飲みながら
アルバイトなどを始めることも出来るようになりました。

まずは初めのステップとして病院へ行き
自分に合った薬を飲むということは勇気のいることですが、
とても大事なことだと思いました。

あとは薬を飲みながらでも少しづつできることから始めてみるのもいいと思います。
疲れたと思えば休めばいいのです。

病気を自覚して自分にあったペースで生活をしていけばいいのだと思います。