10代の頃に社会不安障害(SAD)と診断。「対症療法」を試してみました

10代の頃に社会不安障害(SAD)と診断され、
何年もとても辛い思いをしました。

人の目がすごく気になって普通に歩いていても
自分の歩き方は変じゃないかな」と思ったり、
笑い声がしただけで「私のことをみんなが笑っているんじゃないのか
と余計にへこんでしまいました。

それからは、精神科でもらった抗不安薬を常に持っていないと
不安でたまりませんでした。

しかし、薬の副作用で日中でも眠くなってしまうので
仕事に大きな影響を及ぼしてとても困っていました。

そんな時に偶然目にした「対症療法」という
社会不安障害(SAD)治療法に興味を持ち、
実際に試してみることにしました。

私はレジなどで会計した後におつりを貰うときに
手が震えてしまう
ことがとても気になっていたので、
対症療法でそれを改善しようと思いました。

あえて手が震える場面を頻繁に経験することによって
徐々にその場面になれていきました。

こうすることで少しずつ手の震えがおさまり、
苦手な場面でも過度に緊張せずに乗り切ることができるようになりました。

友達とのランチ会もあえて増やし、
人前で食事を食べることへの抵抗感を少しずつ消し去っていきました。

それらを乗り越えると、自分に自信がつくようになり、
普通に歩いている時に人の視線が前よりも
気にならなくなった自分がいました。

たまに笑い声が聞こえたり、じっと見られると
不安になってしまうこともまだありますが、
「ここで悪く思われても笑われてももう二度と会うことのない関係ない人だ」
と自分に言い聞かせることで気持ちをうまく切り替えられるようにもなりました。

同じように社会不安障害で苦しみ方たちに知ってほしいのは、
病気は治せるということです。

時間はかかるかもしれませんが、
自分の心に無理のないように病気と向き合っていきましょうね。

最初は家族と外食している時に息苦しくなったことでした。

最初は家族と外食している時でした。

メニューを注文した途端すごく息苦しく
吐き気が襲ってきて食事どころではなかったのを覚えています。

それ以降外に出るだけで
吐き気や頭痛腹痛と体調不良になるようになりました。

通勤するのも精一杯になり、ある日職場に着く手前で足が止まってしまい、
その場で泣き始めてしまい遅刻しました。

日常生活に支障が出るので家族の勧めで心療内科に行くことになりました。

うつ病躁うつ病社会不安障害パニック障害という診断をされ、
以降毎日朝晩薬を飲んでいます。

何かをきっかけに泣くことが今もありますが、薬が自分に合っているようで、
以前のように外出時体調を崩すことはなくなりました。

私の場合は最初に処方された薬が合っていたけれど、
人によっては自分に合った薬を見つけるまで時間がかかることもあるそうです。

1~2週間おきに通院し、効果がなければ薬を変えていくので
必ず自分に合った薬は見つかると思います。

薬が効いて元気になったと思っても、急に以前のようになったりもします。

ですが症状に波があるだけと医師に言われ、
悪化したわけではないとわかり安心できます。

現在は家族の理解もあり、仕事を辞め、極力毎日散歩等に行くようにしています。
一度症状が出ると繰り返す事を恐れて、また繰り返してしまうそうです。

なので外に出ることで、以前はダメだった場所等に行き、
もう大丈夫だということを実感する
ようにしています。

薬を飲み、家族の理解があれば必ず治る病気だと思うので、
もし同じような症状の人がいるのなら、まずは病院に行くことをオススメします。

医師との相性もあるので、1箇所だけで諦めてはだめです。
完全に治るまで時間はかかりますが、ゆっくりと治っていくので安心してください。