バスに乗車していて大きいお金しか持っておらず、 両替しなければならない時、極度の不安に襲われます

私は、社会不安障害からうつ病を患い、
今現在、精神科へ10年以上通院しております。

周りの目が気になって仕方が無く、
異常なまでの不安感や緊張感に襲われてしまい
震えや赤面、動悸、声が出ない等の症状が出てしまうからです。

精神科の担当医は「誰も貴方をそんなに見ていない」と言いますが
周りの目が気になってしょうがないのです。

私の場合の一例を上げると、
バスに乗車していて大きいお金しか持っておらず、
両替しなければならない時、極度の不安に襲われます。

普通に、両替出来れば良いのですが、
社会不安障害の患者はそうはいきません。

「もし両替に時間が掛かって、他の乗客に迷惑をかけてしまったらどうしよう。」
「立ち上がり、両替機の前まで歩く時、ふらついて転んでしまったらどうしよう。」
と、不安がよぎります。

だからといって、他人のこんな場面に出くわしたら、どう思うのか。
全く気にしていません。

社会不安障害の患者は分かっているのです。
自分が気にしすぎているという事を。

でも、極度の予期不安で体調が悪くなってしまうのです。

人に注目を浴びないように…歩いて帰ろう。
バスに乗車する前に小銭をキッチリ用意しておこう。

人目に付かない行動を取るようになってしまいます。

それでも、周りの視線を浴びなければいけない事は、
生活していく上で多々あります。

私は次第に、普通の生活をしていく事が困難になっていきました。

「このくらいの悩み事で、心療内科や精神科へ行くのも恥ずかしい」
「きっと、こんな思いを医師に話しても呆れられるだけだ」

もうどうしようもなく、
私は当時通っていた大学を辞めてしまいました。

今思う事は、もっと早くにこの病気を知っていて
精神科に受診していたら、ここまで悪化はしなかったでしょう。

現在は、外出する時に処方された抗不安薬を飲み、
普通の生活に戻りつつあります。

社会不安障害と気付いたきっかけは、店員さんと話そうとすると言葉が出なかった時でした

私が社会不安障害をはっきりと体験したのは、
今から10年ほど前に1日12時間以上毎日、
パソコンの前に張り付いて作業するような仕事をしていたときのことです。

休日に買い物をするためにお店に立ち寄り、
店員さんと話そうとすると言葉が出ない。

とにかく緊張してボーッと上がってしまって、
自分がなにを話せばいいのか分からない状態になったのです。

そのときはおかしいなと思いながらもやり過ごしましたが、
会社内でプレゼンをしなければならないときに、
その症状は決定的なものとして表面化しました。

資料を用意したにも関わらず、
緊張、赤面、同じ言葉を何回も繰り返すなどして
自分が言いたいことの10分の1すら言えずに、
そそくさとプレゼンを終わらせてしまいました。

もちろん評価は最悪なものでした。

その後、はじめて会う人との会話が困難になってくるなど、
次第に症状は悪化し、仕事を辞さなければならない所までいきました。

現在は前職とは違った職業についています。

私は子供の頃から
具体的な社会不安障害の症状を持っていたわけではありませんが、
子供の頃から不安は強く、内向的な性格を持っていました。

ストレスの蓄積により発症したと考えられます。
しかし、そうなってしまった自分を否定する必要はありません。

生涯有病率は10%を越えるなど比較的高い病気です。
完全に症状がなくなるほどに克服したという事は難しい事でしょう。

それなら受け入れて、
その個人個人にあった行動や仕事をすれば良いのです。

人と折衝する仕事をしなければいけないわけではないし、
飲み会に参加しなければいけないわけでもない、
人と話して死ぬわけではない。と気楽にかまえることにすると、
症状も軽減されると実感しています。

小さいころから人前でのスピーチで、声が震えパニック状態になり、泣いてました

小さいころから人見知りの激しい性格で、
ずっと母親にくっついていました。

幼稚園に行くとき、離れることが嫌で泣いていました。
幼稚園の先生は、みんなの輪に入らない私を見て心配していたそうです。

小学生になると、学校に行く時間になると、
嫌だ!を何回も言い母親を困らせました。

学校についてからはクラスの子と話すということが苦痛で仕方ありません。
授業中も家に帰りたいという事ばかりを考えています。

小学生になると日直が回ってきて、
クラスの子の前でスピーチをしないといけません。

声が震えるし、パニック状態になり、ひどいときは泣いてしまいました。
みんなに笑われて嫌な思いをしました。

そのときは、終わればまったく気にしませんでした。
中学生になっても人見知りは直らずにクラスの子とあまり話せません。

国語の授業の朗読では読めても声は震えます。
感想をいう時には頭が真っ白になり、言う事が出来ません。

しまいには泣いてしまいます。

こんなことを繰り返す中学生活でしたが、
なんとか卒業して高校生になりました。

高校でも人見知りで、自分からは話せません。
中学より症状がひどくなりました。

誰かに話さないといけないような状況になると、
声が震えたらどうしよう、変な人に思われないかなあ、
と考えると声が出づらくなります。

人間関係がうまく作れずに困って学校をやめようか考えました。

母に相談して精神科を受診したときに、
社会不安障害と診断されました。

小さい時から病気だったみたいです。
今でも症状は残っていて、近所の人に会うのが怖くて避けています。

電話がかかると足が震えて受話器をとると喉がつかえた感じで声が出しづらいです。
きっとこれからも付き合っていかないといけないと思います。

僕の場合の特定場面は「異性と話す時」、「人前で話す時」でした

社会不安障害(SAD)、この病気は経験した者にしか分からない
大変辛い病気です。

僕もこの病気を発症してからこんな病気でなければ
どんなに人生が楽しいだろうかと何度も思いました。

その経験談を綴りたいと思います。

どのような病気かということについては
ネットなどで調べれば簡単に出てくるので
あえて説明などははぶいて体験談を中心に書いていきたいと思います。

まず自分の性格ですが、明るくて社交的ですし、
人前で話す時なども緊張するタイプではありませんでした。

しかし、学生時代社会人になってからの度重なる失敗経験
トラウマが重なり徐々に病気は発症していきました。

社会不安障害特定の場面に遭遇すると
極度の緊張、恐怖感、発汗、赤面などの症状が現れるのですが、
僕の場合の特定場面は異性と話す時、人前で話す時に主に症状が現れます。

普通の緊張ならばお腹が痛くなったり、
手に汗をかいたりなどすると思いますがそれとは明らかに違います。

恐怖で震えたりうまく言葉がでてこなくなったりします。

その姿を見られると羞恥心からそのような場面から避けるようになり、
症状はどんどん悪化していきます。

本当に辛いんですね、まさに泥沼にはまっている状態です。

初めて、あれ?なにかおかしいと思ったのは、
大学生の時に授業で行ったレポート発表でした。

男子校生活だったので、女子生徒が大勢いる前での発表が
初めてで僕は緊張で顔が真っ赤になり言葉をつまらせながら発表しました。

今思えば緊張することは誰にでもあるし、
それほどひどい発表だったというわけではないのですが、
この場面を仲の良い友人当時の彼女に見られてしまったのが
大変ショックでした。

それからは人前で話したり異性と話したりしていると、
突然スイッチが入ったように症状が現れるようになりました。

それから時はたち社会人になってから
皆の前で話をする機会があり皆の前に立ち、
話を始めるとひどい症状に襲われ、緊張赤面
震えながら皆の前で話をしたことがあります。

この時、会社のみんなに笑われました。
自分にとっては地獄のような時間でした。

これがきっかけとなり病気は悪化し病院へ通うことを決意。
結果は社会不安障害でした。(当時はネットなどもなかったので情報がなくて大変でした。)

今は薬の服用などで症状を緩和できていますが、
根本的な解決には至っていないのが現状です。

羞恥心プライドもあるので家族には相談していませんし、
仲の良い友人にも話すことは今だにできていないです。

苦しいですが前向きに病気と向き合っていきたいと今では思っています。

緊張すると手足が震え声が出なくなっていましたが、「失敗してもいい」を合言葉に多少は克服できました

私が現在20代後半の事務員で、家族構成は父母私の3人家族です。

私は小さい頃から人前で何かを発言したり発表したり、
とにかく目立つ事が苦手というよりも大嫌いでした。

それでも父が少し大人しい性格をしているので、
私も父に似たのかなと思っていたのです。

少し自分に違和感が出てきたのは高校生になった頃からです。

ある授業で皆の前で、自分の調べてきた事を、
1人ずつ発表するといった事が行われました。

私は嫌だなと思いつつもやり遂げようと思ったのですが、
その発表の日が近づくに連れて「発表中に噛んだらどうしよう」
「私の調べた事が変な内容だと馬鹿にされないかな」と不安に思い、
眠れない日々が続きました。

そして発表会の日、私は自分の番が来たので
皆の前へ出ていきいざ発表をしようと思ったのですが、
ふと前を向くと皆の視線が自分に集まっているのを感じ、
唐突に怖くなってしまったんです。

手足は震え、口は渇き、おまけに緊張し過ぎて声まで出なくなってしまいました。

その日以来、大学受験の試験会場やバイトの面接等の重要な場面や、
あまり知らない人と電話をしたり人が沢山いる場所
物を食べたりしようとすると、震えが出たり声がうわずるようになりました。

何とか大学へ入っても「自分は周りに変な子だと思われているんじゃないか」
と思ってしまって馴染めないしバイトもなかなか決まらず、
このままでは就職に響くと思って精神科へ行ったのですが、
そこで社会不安障害と診断されました。

私の場合は薬は処方してもらえず、週に2度の精神科医との面談のみですが、
こういった症状だと診断されて話しを聞いてもらうだけでも幾分かマシになりました。

私がしている事は、
ただ「失敗してもいい、嫌になったら逃げてもいい、人の意見なんて知らない」
と少々無責任な考え方をするという事です。

以前は悪い方へと考えすぎていましたが、こういった考えに変えてからは、
稀に震える時もありますが、声が出にくくなるというのはなくなりました。

仕事も今は何とか事務の仕事が出来ていて、
知らない人との電話も上司や同僚との会話も、ある程度は出来ています。

いきなり前向きで明るい性格になれというのは凄く難しい事なので、
緊張している時は「失敗しても別にいいや」と心の中で思うと、
緊張も少しは解れてくると思います。

人と話そうと思っても、うまく言葉が出てこない。人ごみで息苦しくなる

私は、もともと気弱で思っていることを、口に出すのが苦手なタイプです。
学生時代から、周りから少しかわっている、マイペースだねとよく言われました。

そんな私でも、高校生までは友達もでき、普通の生活を送っていました。

ところが、専門学校に入り2年目の夏ごろから、人と話そうと思っても
うまく言葉が出てこない

大勢の中で、ポツンといると息苦しくなる
という症状が出てきました。

もともと、血圧も低く(90-50くらい)
元気一杯というタイプではなかったので、身体の調子が悪いのかなと
思い、内科、脳神経外科など、いろいろな科で見てもらいました。

けれど、どこも悪いところはありませんでした。

精神的な事からきているものだと、医師から言われ精神科のクリニックを受診し、
弱い精神安定剤を処方してもらいました。

その後、学校を続けていくのは無理だったので、
中退し、近所の工場で働き始めました。

そこで、数年働きましたが、工場の撤退で退職することになりました。

次に、働いたところは、朝6時からという勤務で同じような軽作業の
工場でしたが、人間関係のストレスから若いころ出た、
動悸頭痛めまいなどが、出始め結局退職しました。

そして以前、お世話になった精神科のクリニックをまた、受診することになりました。

不安神経症」「対人緊張」が強いですね、
といわれ前いただいた薬よりもう少し、
不安が軽くなる少し強めの薬を処方していただきました。

運動がいい早寝早起きがいい、と言われ実践し、退職して時間が空いたので
ジムに通ったりヨーガもはじめ、少しずつ体の具合もよくなってきています。

食事も、野菜を多くとるように心がけています。
今は、再就職にむけて就活中です。

経験から人間関係のストレスが一番よくないと思っているので、
大勢の人とかかわる練習に、ボランティア活動を始めようかと、検討中です。

もし、就職がきまっても、自信がないままで
はじめの半年くらいは大変だと思います。

けれど、焦らずゆっくり、失敗してもまた、やりなおせばいい、
そんな気持ちで、自分を受け入れて少しずつ
前進できたらいいなと思っています。