緊張すると手足が震え声が出なくなっていましたが、「失敗してもいい」を合言葉に多少は克服できました

私が現在20代後半の事務員で、家族構成は父母私の3人家族です。

私は小さい頃から人前で何かを発言したり発表したり、
とにかく目立つ事が苦手というよりも大嫌いでした。

それでも父が少し大人しい性格をしているので、
私も父に似たのかなと思っていたのです。

少し自分に違和感が出てきたのは高校生になった頃からです。

ある授業で皆の前で、自分の調べてきた事を、
1人ずつ発表するといった事が行われました。

私は嫌だなと思いつつもやり遂げようと思ったのですが、
その発表の日が近づくに連れて「発表中に噛んだらどうしよう」
「私の調べた事が変な内容だと馬鹿にされないかな」と不安に思い、
眠れない日々が続きました。

そして発表会の日、私は自分の番が来たので
皆の前へ出ていきいざ発表をしようと思ったのですが、
ふと前を向くと皆の視線が自分に集まっているのを感じ、
唐突に怖くなってしまったんです。

手足は震え、口は渇き、おまけに緊張し過ぎて声まで出なくなってしまいました。

その日以来、大学受験の試験会場やバイトの面接等の重要な場面や、
あまり知らない人と電話をしたり人が沢山いる場所
物を食べたりしようとすると、震えが出たり声がうわずるようになりました。

何とか大学へ入っても「自分は周りに変な子だと思われているんじゃないか」
と思ってしまって馴染めないしバイトもなかなか決まらず、
このままでは就職に響くと思って精神科へ行ったのですが、
そこで社会不安障害と診断されました。

私の場合は薬は処方してもらえず、週に2度の精神科医との面談のみですが、
こういった症状だと診断されて話しを聞いてもらうだけでも幾分かマシになりました。

私がしている事は、
ただ「失敗してもいい、嫌になったら逃げてもいい、人の意見なんて知らない」
と少々無責任な考え方をするという事です。

以前は悪い方へと考えすぎていましたが、こういった考えに変えてからは、
稀に震える時もありますが、声が出にくくなるというのはなくなりました。

仕事も今は何とか事務の仕事が出来ていて、
知らない人との電話も上司や同僚との会話も、ある程度は出来ています。

いきなり前向きで明るい性格になれというのは凄く難しい事なので、
緊張している時は「失敗しても別にいいや」と心の中で思うと、
緊張も少しは解れてくると思います。