内気な性格の自分が『私』なのだと思い込んでいました

幼稚園の頃、私は周囲の大人からもよく『元気だね』
『いつもニコニコしている』と言われる程に活発な子供でした。

小学校に上がり、様々な事を勉強して楽しい毎日。

自分で言うのもなんですが成績は学年でも良い方で、
先生からも模範生としてよく褒められていました

けれど小学4年生の時
算数の授業で手を挙げて答えを発表した時です。

たまたま答えが間違っており
クラスメイトのやんちゃな数名の男の子達に笑われてしまいました。

彼らは悪気は無かったのだと思います。

しかし当時の幼い私には『自信満々で答えたのに恥ずかしい』
『失敗したら笑われてしまう』というトラウマ
が植え付けられたのです。

それから、私の性格は真逆に変わりました。
通知表の内申にも【積極性に欠ける】と書かれてしまう程に・・・

それからはずっとその性格は変わらず、
自分もその内気な性格の自分が『私』なのだと思い込んでいました。

当時の私にはそれが病気なんてとても思わなかったのです

17歳になりスーパーのレジで働きはじめ、
そこまでは問題無かったです。

勤続年数も長くなり、レジのリーダーを任される事になりました。

それに伴い新人を教育する為の研修を受けに行くことになり、
知らない他店舗の方々と話し合う場が設けられ
意見を求められた瞬間に頭が真っ白になり、
何も答える事が出来ず、泣き出してしまいました。

『社会人として情け無い』そればかりでした。

会社でも電話を取る担当は決まっていたのですが、
担当が不在の時は手の空いてる人間が取る決まりになっていました。

その電話も鳴っていても『もし、私の受け答えが間違っていたら・・・』
そう頭によぎり、電話を取る事もままなりませんでした。

とにかく発表の場では
・失敗したら笑われる・笑われる事が恥ずかしい
・素っ頓狂な事を言っているのではないか
・自分の答えは間違っているのではないか

と、考えるようになっていましたが、
その会社で別のストレスにより長期休暇を余儀なくされた際、
心療内科にかかったところ【社交性不安障害(旧・社会性不安障害)
とも診断されました。

その診断をくだされた時『あぁ、これは病気だったんだ、治せるんだ』
と思っただけで大分心が楽になりました

今は一ヶ月に二回、ゆっくりとカウンセリングをして、
4年生の頃の失敗を受け止め取り除いています。
特にお薬は使用していません。

少しずつ、少しずつですが前より表情も明るくなって、
話しかけられるのを待っていた事が多かった私が
自ら人に物を尋ねたりする姿に母も喜んでくれています

焦らず、ゆっくり、人に元気を与えられるような以前の私に
変われるよう頑張りたいと思っています

一番最初におかしいと感じたのは名刺交換でした。

私はホテルの専門学校を卒業し、ホテルで4年程働きました。
そのあと寿退社をし、家事との両立の為に
事務の仕事を選びまた5年ほど働きました。

事務の仕事は初めてだったので、経験が無くても出来るような
受付や来客応対がメインの事務を任されました。

お客様にお茶を出す。
ホテルで毎日それを仕事としていました。

事務のお仕事を始めてから3年ほどは普通に出来ていました

ところが主人が転勤になり、私も仕事を辞め新しい土地
新しい職場へと移りました。

今までの事務とは打って変わって、自分のパソコンを持ち、
名刺をもらい、自分の担当のあるなんともやりがいのある仕事になりました。

そうなった途端、お茶出しが出来なくなってしまったのです。

一番最初におかしいと感じたのは名刺交換でした。
極度の緊張でした。

初めての名刺交換
専門学校で勉強したことしか無かったことで、
手順とか考えて手に汗をたくさんかきました。
それと同時に信じられないくらい手が震えたのです。

そのあとはもちろん名刺交換の時は手が震えたし、
お茶を出す時も手がふるえました
お客様相手になると震えたのかもしれません。

震えることが怖くて、恥ずかしくて、
『あっ、お茶出ししなくちゃならない』という
タイミングを見計らってトイレに立ったりして逃げました。

お客様が見えるとお茶出しのことを考えて、
心臓が飛び出る位ドキドキして仕事が手につきませんでした。

私が逃げることで他の人がお茶出しを
しなくちゃならなくなることに罪悪感を感じました。
でも誰にもこのことは打ち明けられませんでした。

これではいけない、逃げてばかりはいられないと精神科に行きました。
そこで『社会不安障害』と診断されました。

まだ若いから薬は飲まない方がいいと言われました。
場数を踏んで慣れるしかないと。

慣れるよう回数をこなせ!!と頑張りましたが、
一向に恐怖は取り除かれません。

今度はカウンセリングを受けました。

そこで言われたのが『震えて何が悪いんですか?』と。
この一言が私を少し救いました。
そうかー。震えてもいいんだと。

そして、何でも話せる同僚に話してみました。
その友人は『どうしてもっと早く言ってくれなかったの。
気付いてあげられなくてごめんね』と言ってくれました。

これでまた救われました。
分かってくれる人がいるんだと。

今は出産、育児で仕事をしていませんが、
今後仕事をする時は出来ればお茶出しはしたくないなと思ってます。

仕事を辞めてから5年経過してるけど、
また震えたらどうしようと思う事があります。

でも、戦って自分に勝っていかなくてはならないことだろうと思います。

他人から見ればそんなことでどうして震えるの??
と思うことだけど、自分だってどうして震えるのか分からないのです。
他の人に打ち明けてみると気が楽になることは間違いないです。

SAD発症から4年経過した今、販売の仕事に再就職をしています

私がパニック障害、社会不安障害(SAD)と診断されたのは、
丁度今から4年前の6月のことでした。

当時私は22歳、パソコン関係の仕事をしていました。

ある日仕事中に過呼吸のような症状、動悸、凄まじい焦燥感に襲われ、
思わず職場から飛び出してトイレにこもり
落ち着くのを待つしかありませんでした。

その後も過呼吸のような症状はなくなったものの、
突然襲ってくる動悸、叫びだしたくなるような焦燥感を何度も味わい、
たまらず内科の診察を受けました。心臓の病気かと思ったのです。

すぐに不整脈の検査やレントゲン撮影など
幾つかの検査を受けることになりました。

ところが検査結果を見た先生に言われた言葉は…
「うちではお薬は出せるけどあなたの症状を改善することは出来ない、
心療内科を受診してはどうか?」でした。

すぐに近くの心療内科の予約をとり、
カウンセリングや簡単な問診を受けた後、
社会不安障害とパニック障害であると診断されました。
仕事のストレスが原因だろう、とも言われました。

正直、目の前が真っ暗になるほどのショックを受けました。
精神病?通院が必要なのか?仕事はどうなるのか?
不安でいっぱいな気持ちでした。

担当の先生とも相談し、
SSRI抗不安剤を2種類飲み続けることになりました。

お薬を飲むと不安感や動悸は治まるものの、外に出るのも怖い、
安心出来る誰かがそばにいてくれないと不安…

毎日薬と薬を飲むための水をカバンに常備し、
いつ発作が起こるかと緊張する毎日でした。

だんだん外に出るのが怖くなり、
結局仕事を自主退職することになりました。

貯金も少なく、このまま病気が治らなかったら…
という気持ちで毎日が本当に憂鬱でした。

家族の支えがなければ自ら命を絶っていたかもしれません。
それくらい毎日が辛かったのです。

投薬を始めてから1月程度は何も変化はなく、
このまま病院に通っていて意味はあるのか?とも考えました。

投薬とカウンセリングを始めて半年ほど経過したころから、
だんだんと外での動悸、息苦しさが少なくなってきたような気がします。

1年半ほど治療を進めた結果、抗不安薬の服用はかなり減り、
薬を飲まなくても外出が出来るようになりました、本当にうれしかったです。

SAD発症から4年経過した今、私は現在販売の仕事に再就職をしています。
朝9時から18時まで人と接してばかりの毎日です。

今は全く発作は起こりません、先生と相談した結果、
もう薬は飲んでいません。通院もしていません。

お守り代わりに一応いつもカバンに抗不安薬は入っていますが(笑)

外に出るのも怖い、人と接するのが怖い、
そんな風に思っていたあの頃の自分が嘘のようです。

社会不安障害パニック障害は本当に難しい病気で、
なった事のある人にしかこの辛さは分からないと思います。

ですが、諦めずに治療を続けることによって
絶対に改善する日が来ると思います。

この文章を読んでくれたあなたが
笑顔で過ごせる日が来るように祈っています。

自分に対する苛立ちや劣等感から、ますます人目が気になるという悪循環に陥っていたように思います

10代のおわりに、社会不安障害という診断を受けました。

大学入学後間もなかったのですが、当時は通学ができず、
通院して待合室に座っているということ事態が苦痛で、
またそんな自分に対する苛立ち劣等感から
ますます人目が気になるという悪循環に陥っていたように思います。

一人暮らしだったため、ほとんどお医者さまとしか会話しない状態でした。

はじめは投薬と、ほんの少し話を聞いてもらうだけという治療が続きました。
1年ほどそれが続いたと思います。

目覚しい変化というものはありませんでしたが、
不安で恐ろしいなりに、大学へ行ってみようかという気持ちがうまれていました。

お医者さまに励まされたこともあり、通学してすぐ帰ってくる、
という生活を始めました。

その頃もやはり、自分の状況に焦りや苛立ちがありました。

年度がかわり、留年してしまっていた私は年下の人の中で、
また少しずつ通学していました。

顔を出し続けることで話す相手が自然とでき、友人になり、
友人に引っ張られて通学するようになりました。

この頃には少し長くお話できるようになっていたためか、
投薬と平行してカウンセリングも受けることを勧められ、そうしました。

相変わらず怖いことだらけでしたが、
友人にせっつかれて、アルバイトも始めました。

この辺りで、私ははじめて自分の状況を振り返り、
認めてやることができるようになりました。

通院して薬を飲んでも、なかなか効果が実感できないこともあると思います。
風邪薬のようなイメージでいると、焦ってしまうこともあります。

もやが晴れるように、という表現がありますが、
私が社会不安障害の治療を受けている中で感じた回復の仕方は、
海の真ん中から陸を目指しているようなものでした。

はじめは陸が見えず、また近付いても波のせいでまた遠ざかることがあり、
でも気が付けば足の付く浅瀬まで来ているのです。

焦らず、ゆったり構えて自分を眺め、
今できるようになったことを数えるようにしてください。

社会不安障害だと気づいたきっかけは、妊娠・出産でした

第一子を出産後、かわいいはずの我が子をかわいいと思えず、
周囲に「相性が悪い」とこぼしていたほど気持ちが荒んでいました。

仕事をしていないのに、どうしても一人になりたいからと
保育園探しを必死にしていました。

そんな時、心療内科を受診しました。

当初は「産後鬱」という診断でしたが、
幼い頃から自覚のあった「対人不安」などを医師に相談すると、
社会不安障害」だと診断されました。

「アスペルガー症候群」かもしれないと悩んだ時期もありましたが、
医師から診断されたことですごく気持ちが晴れました。

幼い頃から「複数の人の前に出ると手と声が震えるほど緊張する」
「電話に出るのが苦痛」「仲良くなった関係を自分から壊す」
「大事なものをなくす」などの自覚症状があり、
「アスペルガー症候群」か「ADHD」なのではないかと悩んでいました。

世間知らずでもあり、30歳を超えたあたりから
やっと普通の人の感覚がわかるようになってきたほどです。

滅多に合わない主人の家族にも失言を多々しており、
主人に怒られたこともあり後で一人になって自問自答して後悔の嵐です。

これまでの友人関係も然りです。
診察してくれた医師によると、「アスペルガー症候群」ではないとのことでした。

でも、その医師は診断テストをしてくれたわけではなく
私の話を聞いて判断しただけなので、
私自身はまだ自分が「アスペルガー症候群」ではないかと疑っていますが。

とりあえず「社会不安障害」と産後鬱をどうにかしなければと思い治療を始めました。

お薬を服用しだしてからは、だんだんと気持ちが落ち着いてきて、
我が子をかわいいと思える余裕も出てきました。

そして、アルバイトをしながら電話にも出られるようになってきました。

だんだん良くなってきて、お薬も減らしてきていた頃に第二子を妊娠したので
そこで治療を終了することになりました。

その後は人と話していてもさほど緊張せず、
出産後、授乳後とお薬を服用せず普通の生活を送れていたのですが、
その頃のアルバイト先で対人関係のトラブルを起こしてしまい、
極度の緊張で心拍数が100を超え、人と会話することが怖くなり、
結果仕事を続けることができなくなって辞めざるを得なくなりました。

その後、また心療内科に行きお薬をもらい、
子育てに専念して自宅にひきこもりながら
自分を落ち着かせるようにしてきました。

今回はカウンセリングが必要だと思い、
カウンセラーのいる別の心療内科を受診しました。

そちらで話を聞いていただき、だんだんと落ち着いてきて、
また普通の生活をおくれるほどにはなってきました。

今は通院しておらず、残っているお薬をいざという時に服用する程度です。

ですが、まだまだ普通の方のようにママ友をたくさん作ったり、
接客や営業のような仕事をすることはできません。

ですが、少しずつママ友ができてきて引きこもりも改善してきています。
それに、開き直って自分に向いている仕事を探しているところです。

今までトラブルが多かったのは、向いていない仕事を無理してしていたから、
だからすぐ仕事をやめてしまっていたのではないかと思います。

幼いころに人と接する努力をしなかったことも悪かったでしょう。

10代の間にいろんな失敗をしておけば、20代30代とをかかずにすんだはずだし、
恥だからといって緊張することもなかったと思います。

幸い主人が理解してくれているので助かっています。

これからも自分でどうにもならない時はお薬に頼りながら、
でもなるべく少しずつでもいいから人と接する努力をしていきたいと思っています。

緊張すると手足が震え声が出なくなっていましたが、「失敗してもいい」を合言葉に多少は克服できました

私が現在20代後半の事務員で、家族構成は父母私の3人家族です。

私は小さい頃から人前で何かを発言したり発表したり、
とにかく目立つ事が苦手というよりも大嫌いでした。

それでも父が少し大人しい性格をしているので、
私も父に似たのかなと思っていたのです。

少し自分に違和感が出てきたのは高校生になった頃からです。

ある授業で皆の前で、自分の調べてきた事を、
1人ずつ発表するといった事が行われました。

私は嫌だなと思いつつもやり遂げようと思ったのですが、
その発表の日が近づくに連れて「発表中に噛んだらどうしよう」
「私の調べた事が変な内容だと馬鹿にされないかな」と不安に思い、
眠れない日々が続きました。

そして発表会の日、私は自分の番が来たので
皆の前へ出ていきいざ発表をしようと思ったのですが、
ふと前を向くと皆の視線が自分に集まっているのを感じ、
唐突に怖くなってしまったんです。

手足は震え、口は渇き、おまけに緊張し過ぎて声まで出なくなってしまいました。

その日以来、大学受験の試験会場やバイトの面接等の重要な場面や、
あまり知らない人と電話をしたり人が沢山いる場所
物を食べたりしようとすると、震えが出たり声がうわずるようになりました。

何とか大学へ入っても「自分は周りに変な子だと思われているんじゃないか」
と思ってしまって馴染めないしバイトもなかなか決まらず、
このままでは就職に響くと思って精神科へ行ったのですが、
そこで社会不安障害と診断されました。

私の場合は薬は処方してもらえず、週に2度の精神科医との面談のみですが、
こういった症状だと診断されて話しを聞いてもらうだけでも幾分かマシになりました。

私がしている事は、
ただ「失敗してもいい、嫌になったら逃げてもいい、人の意見なんて知らない」
と少々無責任な考え方をするという事です。

以前は悪い方へと考えすぎていましたが、こういった考えに変えてからは、
稀に震える時もありますが、声が出にくくなるというのはなくなりました。

仕事も今は何とか事務の仕事が出来ていて、
知らない人との電話も上司や同僚との会話も、ある程度は出来ています。

いきなり前向きで明るい性格になれというのは凄く難しい事なので、
緊張している時は「失敗しても別にいいや」と心の中で思うと、
緊張も少しは解れてくると思います。