一番最初におかしいと感じたのは名刺交換でした。

私はホテルの専門学校を卒業し、ホテルで4年程働きました。
そのあと寿退社をし、家事との両立の為に
事務の仕事を選びまた5年ほど働きました。

事務の仕事は初めてだったので、経験が無くても出来るような
受付や来客応対がメインの事務を任されました。

お客様にお茶を出す。
ホテルで毎日それを仕事としていました。

事務のお仕事を始めてから3年ほどは普通に出来ていました

ところが主人が転勤になり、私も仕事を辞め新しい土地
新しい職場へと移りました。

今までの事務とは打って変わって、自分のパソコンを持ち、
名刺をもらい、自分の担当のあるなんともやりがいのある仕事になりました。

そうなった途端、お茶出しが出来なくなってしまったのです。

一番最初におかしいと感じたのは名刺交換でした。
極度の緊張でした。

初めての名刺交換
専門学校で勉強したことしか無かったことで、
手順とか考えて手に汗をたくさんかきました。
それと同時に信じられないくらい手が震えたのです。

そのあとはもちろん名刺交換の時は手が震えたし、
お茶を出す時も手がふるえました
お客様相手になると震えたのかもしれません。

震えることが怖くて、恥ずかしくて、
『あっ、お茶出ししなくちゃならない』という
タイミングを見計らってトイレに立ったりして逃げました。

お客様が見えるとお茶出しのことを考えて、
心臓が飛び出る位ドキドキして仕事が手につきませんでした。

私が逃げることで他の人がお茶出しを
しなくちゃならなくなることに罪悪感を感じました。
でも誰にもこのことは打ち明けられませんでした。

これではいけない、逃げてばかりはいられないと精神科に行きました。
そこで『社会不安障害』と診断されました。

まだ若いから薬は飲まない方がいいと言われました。
場数を踏んで慣れるしかないと。

慣れるよう回数をこなせ!!と頑張りましたが、
一向に恐怖は取り除かれません。

今度はカウンセリングを受けました。

そこで言われたのが『震えて何が悪いんですか?』と。
この一言が私を少し救いました。
そうかー。震えてもいいんだと。

そして、何でも話せる同僚に話してみました。
その友人は『どうしてもっと早く言ってくれなかったの。
気付いてあげられなくてごめんね』と言ってくれました。

これでまた救われました。
分かってくれる人がいるんだと。

今は出産、育児で仕事をしていませんが、
今後仕事をする時は出来ればお茶出しはしたくないなと思ってます。

仕事を辞めてから5年経過してるけど、
また震えたらどうしようと思う事があります。

でも、戦って自分に勝っていかなくてはならないことだろうと思います。

他人から見ればそんなことでどうして震えるの??
と思うことだけど、自分だってどうして震えるのか分からないのです。
他の人に打ち明けてみると気が楽になることは間違いないです。

小学校の頃の引越(転校)で社会不安障害になり、今はインデラルという βブロッカーと呼ばれるお薬でしのげています

初めまして。
普通の会社員している31歳女性です。

少しだけ私が社会不安障害と診断されてからの
出来事を綴っていこうと思います。

私は小学3年のときに大阪から地方へ引っ越してきました。

もともと活発な性格の私でしたが、
引越し(転校)してから引っ込み思案になりました。

なぜかというと、環境が変わり友達も一から作るという
小学3年の私にとっては重大なことだったからです。

数ヶ月はクラスにも馴染めず辛かったことを覚えています。

小学5年生の頃、国語の授業中に先生に当てられ
教科書を読むようにと言われました。

それまでは何も感じていなかったのですが、
その時は急に教科書を持つ手が震え手足がガタガタと震えました。

私も急なことなので「なんで?」と疑問でしたが、
それが今後の人生を左右するなんて夢にも思いませんでした。

それから中学・高校と進学していく中で、
人前で何か発言することが恐怖に変わり、
学校へ行くのが本当に嫌で仕方がありませんでした。

友達と会話することはなんともなく、むしろ楽しいのですが
授業中に人前にたって発言するときにだけ発作?
のようなものが出始めるようになりました。

高校生の頃は、本気で学校辞めたい!と悩んだほどです。

ですが、この悩み・不安を
誰に打ち明けていいのかわからないまま大人になっていました。

大人になるまで「人よりも緊張するタイプなんだ」と思っていましたが、
大人になって更に人前に立つことが増えてしまい、
症状はさらにエスカレートしていきました。

とにかく私の症状は、声・体の振るえ、動悸、息切れ、
予期不安(ありもしないことを考えてしまう)、
言葉がうまくしゃべれなくなるといった症状でした。

なかなか世間には受け入れてもらえない病気です。

心療内科にも精神科にもかかり、
精神安定剤など処方してもらいましたが私には何の意味もありませんでした。

気休めでしかなかったですね。

心療内科・精神科の先生からは
「社会不安障害・あがり症は気の持ちよう」とか
「あなたは緊張してるかもしれないけど、
人はそれほどあなたの話を聞いていないから
もっとリラックスした方が良い」など言われ、絶望しました。

今でもあのときの気持ちをはっきり覚えています。
ネットで徹底的に「社会不安障害 治療」と何度も何度も調べました。

ですが、これで治る!という方法は残念ながらないようです。

社会不安障害・あがり症に悩まされて20年以上経ちました。
いまだに症状は完治しておりません。

ですが、今はインデラルという
βブロッカーと呼ばれるお薬を飲んでいるので一時的には凌げている感じです。

現在、私は仕事をしながら
アロマセラピストの勉強をしています。

資格を取得して自分と同じような症状で悩んでいる人の
力になるのが私の夢ですね!

社会不安障害に悩んでおられる方は少なくないと思いますが、
いつかきっと治る!と信じて前に進んでいってほしいです。

主人が社会不安障害と診察されてから、もう3年になります

主人が社会不安障害と診察されてから、もう3年になります。

主人は子煩悩な人で、私が娘を叱るとすぐに助け舟を出し
かばい立てするようなところがあります。

でもある時、私が娘を叱っていても、
口出しせず黙っていたことがありました。

いつもとは違う主人に少し違和感を感じていました。

主人が自分に起きている異変を妻である私に知らせたのは、
それから数日後のことでした。

会社から戻った主人は私にやっとの思いで、「喋れないんだ…」と言いました。
最初は全く意味がわからなくて、「喋っているじゃない」と思いました。

でも様子がおかしくて…。主人は声を絞り出すように話ました。

他人と話をしようとすると、後頭部がカーッと熱くなって、
言葉が出なくなる
と言いました。

そして、妻の私とは普通に話せても、
他の人では無理なんだとも言いました。

翌日から、主人は会社を1ヶ月ほど休みました。
会社への連絡も私がしました。

主人に付き添って、心療内科へも行きました。

そこでの診察は、主人と先生の2人で行われましたが、
主人が全く話すことができずに私が診察室に呼ばれることになりました。

この病気が発症したのは、ちょうど引越しを終えて本社に戻った頃でした。

地方でののんびりした暮らしから都会への暮らしに
順応することができなかったのかもしれません。

それ以降、ずっと通院し、薬を飲んでいます。

薬を飲んでいれば、普通に話をすることができ、
仕事もきっちりこなせている
ようです。

この病気は、自分の力ではどうにかなるものではないのだと思います。
薬の力を借りて、うまく付き合っていくことが大切なのだと思います。