ある頃から初対面の人と話す時や人前で字を書く時に、とても緊張するようになりました

私はもともと人と接することが苦手です。
小さな頃から人見知りでした。

しかしそれなりに仲良くできる友達はおり、
特に問題はありませんでした。

ところがある頃から、初対面の人やたまにしか合わないような人と話すとき
とても緊張するようになりました。

大人数のなかで話すときも、
人前で字を書くときも緊張して手が震えるようになりました。

緊張しないように落ち着こうとすればするほど余計に緊張してうまく話せず、
それがまたさらにトラウマとなって「また緊張してうまく話せないのではないか」と、
不安になるという悪循環に陥っていきました。

仕事においては、電話や接客などがうまくできないので
その種の仕事を避けるしかありませんでした。

友達との付き合いでも、気が許せる友達としか会わなくなりました。
本当はそんな理由で職種を制約したくないし、もっと友達と仲良くしたいです。

コミュニケーションをうまくとっていきたいです。
インターネットで私の症状を調べると社会不安障害なのではと考えました。

いろいろと調べてみると、心療内科に通い、
薬を服用して治すという意見が多かったので、
それで克服できるならと心療内科に通ってみることにしました。

やはりそこでの診断は「社会不安障害」で、
しばらく薬を飲みながら様子を見ていきましょうと言われました。

しばらく薬の服用を続け、なんとなく薬が効いているような気もしましたが、
なんとなくしかわかりませんでした。

医者にも「もう大丈夫でしょう」と言われ、ひとまず治療を終了しました。

その後、初対面の人と話す機会がありましたが、やはり緊張しました。
以前とあまり変わらないぐらいです。

もうどうしていいのかわからなくなりました。
だけど、私は人とうまくコミュニケーションがとれるようになりたいんです。

あらゆることに自信がないから不安になるんだろうと思い、
自信が持てるように頑張ろうと決意しました。

自信が持てるものがあれば少しくらい緊張したって大丈夫、
人前で緊張しない人の方が逆に少ないと思うようにしました。

今はできるだけネガティブな発想をしないよう、
頭の中をポジティブな考えで満たすようにしています。

気のせいかもしれませんが、
少しずつ、人と合ってもあまり緊張しなくなってきたような気がします。

このまま克服できたらと思うばかりです。

社会不安障害と診断され、リーゼという抗不安薬を処方して貰いました

大学生の頃、学習塾でアルバイトをしていました。

教師志望という訳ではなく、時給が良く、
受験の経験を活かせるという理由から、塾講師のバイトを選びました。

元々、完璧主義真面目だった私は、
生徒の悪態や先輩のアドバイスも、必要以上に重く受け止めてしまい、
バイトを始めて半年が過ぎた頃には、「子供と向き合うのが怖い
という状態になってしまいました。

もちろん、家族にも友人にも相談できませんでした。
子供が怖くて仕事がつらい、というのは、
自分の甘えが原因だと思っていました。

そんな自分は、塾講師として失格だと自分を責め、
失敗に怯えながら授業をしていました。

教室に入ると、緊張する。事前に家で予習してきても、
失敗が怖くてドキドキしながら授業をしている。

……という状態がしばらく続き、精神的につらくなったので、
初めて心療内科にかかりました。

そこで、「社会不安障害」という病名を知りました。

社会不安障害というのは、人前で何かをするのが怖かったり、
社会生活をする上で人と関わることが怖いという状態
だそうです。

私の場合は、「生徒の前で授業をするのが怖い」という点が当てはまりました。

先生の話を聞き、「リーゼ」という、
不安を抑える薬の中でも一番効き目の緩やかなものを処方して貰いました。

「生徒や授業が怖いと感じたらどうしよう」という不安もありましたが、
薬も飲んでるし、不安だけどきっと大丈夫だ

という風に、前よりも気分が安定してきました。

その後1ヶ月でアルバイトは辞めましたが、
リーゼのおかげで、「不安を感じる自分を責める」ということが減り、
不安を感じても大丈夫だ。という安定感が生まれました。

「社会不安障害」は、不安を感じている本人が一番つらいと思います。

不安を感じる自分を責めず、心療内科の先生や薬の力を借りて、
少しずつつらい気持ちを減らしていけたら、良いと思います。

大学を卒業した今でも、パーティや初対面の人と会う場面は不安ですし、苦手です。

そういう時は心療内科で「リーゼ」を頂いて、
「不安に感じても良いんだ」と安心するおまじないを唱えてから、
無理をしないように出るようにしています。

社会不安障害、パニック障害を経験して

私は大学生の頃、ある日突然激しい動悸めまいに襲われました。

その頃は無理がたたって体調を崩しただけだと思っていましたが、
日に日に体調は悪くなり、病院へ受診しましたが風邪でしょうということで、
風邪薬をもらって帰りました。

しかしその後も体調はよくならず、むしろ精神的に不安でより悪くなる一方でした。

そんな中、大学のゼミの時間に、一人ずつまわってくるスピーチ
大勢の人の前にたつ場面大事な試験など、様々な場面で異常に緊張する、
動悸がする、立っていられなくなるなどの症状がでるようになってきました。

さらにそれはひどくなり、なんの前触れもなく
突然の動悸過呼吸めまい不安感に襲われるようになり、
学校に行くことも困難な状況になりました。

しかし様々な病院へ行って検査をしても、体には何も異常はなし。
検査結果も問題はない。

さらに不安と、自分はなにか大きな病気なのではないかという
絶望感で精神的にも弱っていき、夜もまったく眠れないほどの不眠症にもなりました。

そんな中、母親に心療内科を受診してみないかと提案され、
自分には無縁だと思っていた心療内科へと足を運びました。

そこで、社会不安障害パニック障害と診断されました。
そこで処方された薬を飲み始めて、驚くほどに症状は改善していきました。

それから6年。今では症状はまったく安定していますが、
心療内科へは月に1度通い薬を処方していただき、
毎日の生活をしっかりと過ごしていけるよう薬は飲んでいます。

もちろん最初より薬の量ははるかに減りました。
ですが症状が治まったからといって、すぐにやめることのできる病気ではないのです。

薬の力もかりながら、
毎日の生活をしっかり過ごしていけるようにすることが、
今の自分の第一の目標です。

もちろんゆくゆくは、薬の力を借りることなく、
もとの自分に戻ることを目標に頑張っています。

こういった病気になりやすい人は、頑張りすぎる人が多いと言われます。

私も、頑張らなくちゃ・期待に応えなくちゃと思いすぎて、
自分を追い込みすぎた
んだと思います。

今は、そんな自分自身をわかってあげて、
頑張りすぎているようなときは少し休んで、
休んでいる自分も責めたりしないようにしています。

このような病気の周りにいる方々も、
その気持ちをわかってあげるだけで、本人は非常に救われると思います。

私たち本人は一番頑張っています。

いつか必ず元通りの自分に戻れると信じて、
毎日楽しく、自分らしく過ごしていきたいと思っています。