アダルトチルドレンで、極度の対人恐怖、嫌われることが怖いです。

私は20代の女です。
働いても、人が怖くてすぐにやめてしまいます。

アダルトチルドレンで、極度の対人恐怖、嫌われることが怖いです。
高校2年生で鬱になり、そこから7年間鬱に苦しみました。

23歳のころ転機があり、良きカウンセラーさんに出会え、
そこで、鬱が和らぎ、今では鬱はほぼよくなりました。

しかし、社会不安や対人恐怖、軽いですがパニック障害と、
これからやっと向き合っているところです。
自分に今起こっていることがだんだん分かってきました。

少しでも、同じようなことで悩んでいる方の参考になるように、
私の経験を書きますね。どうか、力になりますように。

私は、幼いころから、自分を出せない子供でした。
両親の仲が悪く、父は借金、浮気を繰り返し、
家に生活費を入れないような人でした。

母は懸命に働いていたため、今思うと、必死だったのですね。
余裕がなくいつも怒っているような印象があります。

母の懸命な姿に、子供ながら母を助けたいと思い、
わがままは言えませんでした。

甘えにいっても、邪魔くさそうにされ、
それを感じた私は余よけいに駄々をこねる。

愛情を感じたくて、抱きしめてほしくて駄々をこねても、
母は怒るだけでした。

母は私のことが嫌いなんだ。私が良い子じゃないから嫌いなんだ。
兄弟は上に3人いて、わたしは末っ子でした。

しかし、年が一番近くても8個離れているので、
物心ついたときにはみんな年頃で、友達と遊ぶということがほとんど。

家にもほとんどいませんでした。私が遊んでほしいとねだっても、
みんなあまり相手にしてくれませんでした。

そこで、いよいよ本格的に孤独を感じたのですね。
その時点でたった3歳ごろです。もう、生きていたくありませんでした。

(カウンセラーさんから聞いたのですが、3歳までが肝心らしいです。
3歳までに、安心感を得られなかった人は、アダルトチルドレンになり、
その後生きにくいと。)

誰も私に興味がない。私は誰にも愛されない。
周りから相手にされない私は、本当の自分を押し殺すようになりました。

それから、幼いころ私は、自分を愛してもらうために、
家の手伝いを進んでするようになり、
いつも笑って、元気で明るい良い子を演じました。

心では死にたいと思っているのに。

こんな自分だったら愛されるかな?と、嘘の自分を演じ続けました。
家族だけでなく、友達の前でも、本当の自分ではなく、嘘の自分。

本当の自分が出せないんです。

だって、幼いころ、本当の自分で生きていたけど、愛されなかったから。
だから、そのままの私では愛されない。
演じている私でしか、人前に出せないのです。

そんな生活をしていたら、本当の自分はどこかに消えました。
そして、感情もなくなりました。

でも、どれだけ消えても、やはり感情は心のどこかにあるので、
たまに気が狂ったように発狂します。

それもひとりで。なので、家族は何も知りません。
ある日、プツンと何かが切れて、うつ病になりました。

そして、良きカウンセラーさんと出逢い、
2年目にして、回避性パーソナリティ障害と分かりました。

人格が分裂することもあります。押さえつけすぎた本当の自分、
本当の感情が、コントロールできなくなるとヒステリーを
起こしたように出てくるのです。

あまりにもひどい時はなにを言ったか、何をしたか覚えていません。
そんな私ですが、薬では何も解決しないと、身にしみて感じました。

7年間薬を飲み続けましたが何も解決せず、少し高いと感じましたが、
個人のカウンセラーさんに思い切って相談すると、
出会って1か月で断薬に踏み切り、成功し、
半年で鬱症状が一気に改善に向かいました。

時間はかかりますが、間違いなく、
精神疾患の原因がはっきりすると思います。

私のカウンセラーさんは1時間5000円です。
1回無料お試ししてみて、相性がいいと感じたので、週1でお願いしました。

働いていないのでお金はありませんでしたが、
働けるようになったら返すと説得し、母に借りました。
今では、決して高くないと断言できます。

薬だけでは、症状は改善しません。
どうか、カウンセラーさんを探してください。

これを読んでいる方、たくさん苦しんで傷ついて今まで生きてきたと思います。
本当に本当に、生きてこれたことがすごいと思います。

どうか、自分を幸せにするような道に進んでください。
私もまだまだ、戦っているところです。

一緒に、この生きにくい世の中、生きていきましょうね。
いつか必ず、出口があると信じて。

私の社会不安障害を救ってくれたのは、新聞に載っていた記事でした

私は、「社会不安障害」という言葉が生まれる前から社会不安障害です。
最初に付いた診断名は、対人恐怖症でした。

社会不安障害は、パニック障害とも似通っていると思います。
特定の場所でドキドキしたり、吐き気がしたり、人によって症状は様々です。

私は、広場恐怖があり、逃げられない状況になると
吐き気がして意識が遠のきます

体が震え芯から冷たくなります

こんな私を救ってくれたのが、新聞に載っていた記事でした。

こういう症状は病気なんだと、
病院へ行き適切な処置をすれば治るんだと教えてくれたのです。

しかし当時は心療内科やメンタルクリニックなどほとんどなかった時代です。
私は不安になりながらも電話帳を広げました。

すると、近くに心療内科があるではありませんか。
私は勇気を出して、病院へ行きました。

精神科も標榜していた大きい病院だったので、
待合室は初めての人間には戸惑う場所でした。

暗い場所に、いろんな年代の人たちがいました。

私の番になり名前を呼ばれて、
私は先生が怖い人だったらどうしようかと思いました。

「あなたは病気じゃない、甘えているだけ!」そう言われたら。

そして心の問題なのに、それが薬で解決できる、
というのもいまいちピンときていませんでした。

しかし病室に入ると先生は優しく迎えてくれ、
抗不安薬を処方してくれました。

「これで楽になるからね。」私が、
「治るのでしょうか。」と恐る恐る聞くと、
「治ります。」と言ってくれました。

そして少したって人前に出る用事ができた時、
初めて薬を飲みました。

その日はその用事のことで頭がいっぱいで、
ものすごく緊張していました。

…が、十五分もするとその不安は消え、
私の気持ちは落ち着きを取り戻しました。

何も怖くない。

全然平気!

私はその日、無事に用事を済ませ、薬のすごさを知ったのです。
今も私は薬を飲んでいます。でも、その回数は減ってきました。

できることがどんどん増えました。

薬を飲んでですが、できることも増えました。

私は、薬を飲んでいても、人間らしい生き方ができれば
それでいいんじゃないかと思います。

何もできないで家に閉じこもっているよりずっといい

今もし苦しんでいる方がいるならば、
少し勇気を出して病院へ行ってください。

きっと今の生活よりずっと生きている実感を
感じることができるようになると思います。