内気な性格の自分が『私』なのだと思い込んでいました

幼稚園の頃、私は周囲の大人からもよく『元気だね』
『いつもニコニコしている』と言われる程に活発な子供でした。

小学校に上がり、様々な事を勉強して楽しい毎日。

自分で言うのもなんですが成績は学年でも良い方で、
先生からも模範生としてよく褒められていました

けれど小学4年生の時
算数の授業で手を挙げて答えを発表した時です。

たまたま答えが間違っており
クラスメイトのやんちゃな数名の男の子達に笑われてしまいました。

彼らは悪気は無かったのだと思います。

しかし当時の幼い私には『自信満々で答えたのに恥ずかしい』
『失敗したら笑われてしまう』というトラウマ
が植え付けられたのです。

それから、私の性格は真逆に変わりました。
通知表の内申にも【積極性に欠ける】と書かれてしまう程に・・・

それからはずっとその性格は変わらず、
自分もその内気な性格の自分が『私』なのだと思い込んでいました。

当時の私にはそれが病気なんてとても思わなかったのです

17歳になりスーパーのレジで働きはじめ、
そこまでは問題無かったです。

勤続年数も長くなり、レジのリーダーを任される事になりました。

それに伴い新人を教育する為の研修を受けに行くことになり、
知らない他店舗の方々と話し合う場が設けられ
意見を求められた瞬間に頭が真っ白になり、
何も答える事が出来ず、泣き出してしまいました。

『社会人として情け無い』そればかりでした。

会社でも電話を取る担当は決まっていたのですが、
担当が不在の時は手の空いてる人間が取る決まりになっていました。

その電話も鳴っていても『もし、私の受け答えが間違っていたら・・・』
そう頭によぎり、電話を取る事もままなりませんでした。

とにかく発表の場では
・失敗したら笑われる・笑われる事が恥ずかしい
・素っ頓狂な事を言っているのではないか
・自分の答えは間違っているのではないか

と、考えるようになっていましたが、
その会社で別のストレスにより長期休暇を余儀なくされた際、
心療内科にかかったところ【社交性不安障害(旧・社会性不安障害)
とも診断されました。

その診断をくだされた時『あぁ、これは病気だったんだ、治せるんだ』
と思っただけで大分心が楽になりました

今は一ヶ月に二回、ゆっくりとカウンセリングをして、
4年生の頃の失敗を受け止め取り除いています。
特にお薬は使用していません。

少しずつ、少しずつですが前より表情も明るくなって、
話しかけられるのを待っていた事が多かった私が
自ら人に物を尋ねたりする姿に母も喜んでくれています

焦らず、ゆっくり、人に元気を与えられるような以前の私に
変われるよう頑張りたいと思っています

教室にいると動悸が激しくなり冷静でいられなくなりました。

大学生時代に社会不安障害と診断されました。

私は中学まで周りにいじめられたり、からかわれたりしながら過ごし、
それが元で高校時代には孤立していました。

大学には気さくな人がたくさんいて最初は楽しかったのですが、
いつかは裏切られるのではないか、いつかは失望され
見捨てられるのではないかと思うようになり、
教室にいると動悸が激しくなり冷静でいられなくなるようになりました。

そういうときは外に出て休んでいましたが、
授業が始まると教室に鍵をかける先生や電車・バスのような
自分の意志で外に出られない場所に入ると呼吸が苦しくなり、
眩暈や吐き気がするようになりました。

とても苦しかったのですが両親は理解してくれず、
心療内科にかよっていてなかなか治らなかったり薬の副作用(主に眠気)で
横になっていたりすると「怠け病だ」「いつ治るのか」などと言ってきて、
それが苦しさにますます拍車をかけました。

どんなに苦しいと訴え、泣いて取り乱しても、
私を責める言葉は無くなりませんでした。

それどころか調子の悪い私に無理やりアルバイトをさせようとしました。

スーパーのレジのアルバイトで、店長も他のバイトの人もいい人ばかりだったのに、
人の目も怖いし自分が失敗しないかという不安もどんどん強くなるし、
動悸と吐き気がおさまらなくなってすぐに辞めました。

気が狂うかもしれない、いっそ狂ってしまった方が楽かもしれないと思いました。
死にたいと願いました。

唯一理解を示してくれた家族はでした。両親に責められて泣く私のことを、
当時中学生だった妹はいつも慰めてくれました。

苦しい時期はとても長く続きましたが、
カウンセリングを受けるうちに少しずつ楽になっていき、
妹や友達に支えられることで安心感を得られるようになりました。

薬や通院は、あれから5年以上経った今もまだ続いていますが、
最低限で済んでいます。

何が一番大切だったかと思い返すと、
薬でも通院でもなくてやっぱり周囲の理解だったのだと思います。

甘えではない、怠け病でもない、これは心の風邪のようなもの、
病気なのです。それを、どうして突き放され冷たくされることで
改善などしましょうか。病人に氷水をぶっかけるようなものです。

どうか社会不安障害やその他神経症への理解が
もっと得やすくなりますようにと願ってやみません。

小さいころから人前でのスピーチで、声が震えパニック状態になり、泣いてました

小さいころから人見知りの激しい性格で、
ずっと母親にくっついていました。

幼稚園に行くとき、離れることが嫌で泣いていました。
幼稚園の先生は、みんなの輪に入らない私を見て心配していたそうです。

小学生になると、学校に行く時間になると、
嫌だ!を何回も言い母親を困らせました。

学校についてからはクラスの子と話すということが苦痛で仕方ありません。
授業中も家に帰りたいという事ばかりを考えています。

小学生になると日直が回ってきて、
クラスの子の前でスピーチをしないといけません。

声が震えるし、パニック状態になり、ひどいときは泣いてしまいました。
みんなに笑われて嫌な思いをしました。

そのときは、終わればまったく気にしませんでした。
中学生になっても人見知りは直らずにクラスの子とあまり話せません。

国語の授業の朗読では読めても声は震えます。
感想をいう時には頭が真っ白になり、言う事が出来ません。

しまいには泣いてしまいます。

こんなことを繰り返す中学生活でしたが、
なんとか卒業して高校生になりました。

高校でも人見知りで、自分からは話せません。
中学より症状がひどくなりました。

誰かに話さないといけないような状況になると、
声が震えたらどうしよう、変な人に思われないかなあ、
と考えると声が出づらくなります。

人間関係がうまく作れずに困って学校をやめようか考えました。

母に相談して精神科を受診したときに、
社会不安障害と診断されました。

小さい時から病気だったみたいです。
今でも症状は残っていて、近所の人に会うのが怖くて避けています。

電話がかかると足が震えて受話器をとると喉がつかえた感じで声が出しづらいです。
きっとこれからも付き合っていかないといけないと思います。

社会不安障害だと気づいたきっかけは、妊娠・出産でした

第一子を出産後、かわいいはずの我が子をかわいいと思えず、
周囲に「相性が悪い」とこぼしていたほど気持ちが荒んでいました。

仕事をしていないのに、どうしても一人になりたいからと
保育園探しを必死にしていました。

そんな時、心療内科を受診しました。

当初は「産後鬱」という診断でしたが、
幼い頃から自覚のあった「対人不安」などを医師に相談すると、
社会不安障害」だと診断されました。

「アスペルガー症候群」かもしれないと悩んだ時期もありましたが、
医師から診断されたことですごく気持ちが晴れました。

幼い頃から「複数の人の前に出ると手と声が震えるほど緊張する」
「電話に出るのが苦痛」「仲良くなった関係を自分から壊す」
「大事なものをなくす」などの自覚症状があり、
「アスペルガー症候群」か「ADHD」なのではないかと悩んでいました。

世間知らずでもあり、30歳を超えたあたりから
やっと普通の人の感覚がわかるようになってきたほどです。

滅多に合わない主人の家族にも失言を多々しており、
主人に怒られたこともあり後で一人になって自問自答して後悔の嵐です。

これまでの友人関係も然りです。
診察してくれた医師によると、「アスペルガー症候群」ではないとのことでした。

でも、その医師は診断テストをしてくれたわけではなく
私の話を聞いて判断しただけなので、
私自身はまだ自分が「アスペルガー症候群」ではないかと疑っていますが。

とりあえず「社会不安障害」と産後鬱をどうにかしなければと思い治療を始めました。

お薬を服用しだしてからは、だんだんと気持ちが落ち着いてきて、
我が子をかわいいと思える余裕も出てきました。

そして、アルバイトをしながら電話にも出られるようになってきました。

だんだん良くなってきて、お薬も減らしてきていた頃に第二子を妊娠したので
そこで治療を終了することになりました。

その後は人と話していてもさほど緊張せず、
出産後、授乳後とお薬を服用せず普通の生活を送れていたのですが、
その頃のアルバイト先で対人関係のトラブルを起こしてしまい、
極度の緊張で心拍数が100を超え、人と会話することが怖くなり、
結果仕事を続けることができなくなって辞めざるを得なくなりました。

その後、また心療内科に行きお薬をもらい、
子育てに専念して自宅にひきこもりながら
自分を落ち着かせるようにしてきました。

今回はカウンセリングが必要だと思い、
カウンセラーのいる別の心療内科を受診しました。

そちらで話を聞いていただき、だんだんと落ち着いてきて、
また普通の生活をおくれるほどにはなってきました。

今は通院しておらず、残っているお薬をいざという時に服用する程度です。

ですが、まだまだ普通の方のようにママ友をたくさん作ったり、
接客や営業のような仕事をすることはできません。

ですが、少しずつママ友ができてきて引きこもりも改善してきています。
それに、開き直って自分に向いている仕事を探しているところです。

今までトラブルが多かったのは、向いていない仕事を無理してしていたから、
だからすぐ仕事をやめてしまっていたのではないかと思います。

幼いころに人と接する努力をしなかったことも悪かったでしょう。

10代の間にいろんな失敗をしておけば、20代30代とをかかずにすんだはずだし、
恥だからといって緊張することもなかったと思います。

幸い主人が理解してくれているので助かっています。

これからも自分でどうにもならない時はお薬に頼りながら、
でもなるべく少しずつでもいいから人と接する努力をしていきたいと思っています。