温厚だと思っていた教授が、急に人格否定をしてきたショックから「適応障害」になりました。

教授」とあるように、大学時代から院へ上がったときのこと。
今まで温厚だと思っていた教授が、急に人格否定をしてきて、
そのショックから「適応障害」になりました。

今はもう回復しており、いやな過去だった、程度です。

当時学生だった私は、その日を境に大学へ行けなくなりました。
家族は60近い父親と高卒で社会にでていた妹。母はすでに他界。

大学から実家までは1000km以上離れており、
そう簡単に帰れる場所ではありませんでした。

しかし父親は大学へ行けなくなったこと、
その出来事を涙ながらに連絡した日からすぐに駆けつけてくれました。
(当然1日はかかりましたが)

でもそれが最初の心の安定に繋がったことは間違いないと思います。

その後父とともに大学の相談支援センターへ行きました。
ただそのときはすべてに絶望しており何を相談したか内容もよく覚えていません。

そして大学院を中退することになりました。

流石にもうあの場所にはいけない、
ストレスの源から逃げたほうが生きるうえで必要との判断からです。

実家に帰ってからは病院探しでした。
これは父親が探してくれました。
結果として3つ目の病院が大きなはずれだったと思います。

さて、何がはずれかというと、その先生は「病気ではない」と診断したからです。
3ヶ月程度経っていたときでしょうか。

そのときは正直うれしかったです。
ああ、自分は精神病ではなかったんだ、と。

その後社会に復帰するため資格の勉強をし、
その資格を生かした特殊な仕事にすぐに就くことができました。
(特殊な職業のため伏せますが、いわゆる国家公務員2種のひとつです)

ですが、まだ仕事に就くのは早かったようで、
就いて2週間後、先輩のちょっとした注意が
あのときの記憶をフラッシュバックさせ、涙がとまらなくなり、
夜には過呼吸となり、もう職場に行くことができなくなりました。
あの時耐えられていたなら今頃こんなことを書いていないでしょう。

さて再び実家に戻り、2、3違う病院を経て、
今度はまともな精神病院に入ることができました。
結果、ここの先生に救われることになります。

当時で覚えていることは「焦らなくていい」ということだけですが、
それが一番大切だと思います。

半年程度通院し、先生の勧めで1ヶ月入院し、
その後通院しながらその病院が経営する授産施設で2年近く働きました。
この2年の間に自信を取り戻すことが出来たと思っています。

失われた貴重な時期の3年間とは思いますが、
結果として精神的に成長できたのかな、と思います。

もちろんその間何も考えずに行動していたわけではありません。
焦りもありました。就職はどうすればいいのかという迷いや不安もありました。

ただ、こればかりは時間をかけなければならないと思いますし、
焦って就職した結果2週間で退職という出戻りも食らいました。

精神的な成長とは、その間に出会った思考があります。
それはブッダの思考でした

(宗教ではなく、あくまでブッダ本人の教え。
この回復期は宗教に嵌りやすい時期だから気をつけなさいと
先生に忠告されたので、特に注意しました。)

病院の先生の言葉を聴き、それを咀嚼し理解し、
そして授産施設で行動に移してみることも大切な時期だったと思います。

今ではもう怒られたり注意されることで
フラッシュバックすることはなくなりました。

たまにこう思い出しては、精神的に成長したなぁと思えるようになりました。

ちなみに薬は5年たった今でも、
飲んではいますがそろそろ止め時だと先生がおっしゃっていました。

逆に言えば5年経てば解決する病気、ということです。
この5年は、長いようであっという間だったような気がします。
焦らないことが一番です。

人と関わることが出来ない極端な被害妄想です

わたしは2012年の春に適応障害と診断されました。
ほかにも鬱のケがあると言われました。

それから投薬を続けております。
具体的には、人と関わることが出来ない極端な被害妄想です。

人と話していると被害妄想が膨らむ為、仕事が出来ません。
オフィスワークですら、対人関係が少なからずあるので、出来ません。

そこでわたしはインターネットを用いた仕事に変えました。
するととても楽になりました。人と会わなくていいからです。

また、被害妄想が激しいという点に関しては、認知行動療法を行いました。

これは、例えば誰かに挨拶をして無視されたとします。
そこで「わたしのことを嫌ってるんだ」ではなく
「たまたま聞こえなかっただけなんだ」と思い込むようにするといった療法です。

こうすることによって、強張っていた意識が徐々に解きほぐされていきました。

一度や二度では効きませんが、毎日の思考の変化により、
徐々に明るさを取り戻していったかと思います。

わたしの場合は被害妄想が激しいのは統合失調症ではなく、
パーソナリティーだそうです。

薬に頼らず、自らの考え方を変えるしかなかったのです。

あとは、本屋さんで買ってきたリラックスできる自己啓発本などを読みました。
悪いものが体内から抜けていき、明るく優しいものが体内に入っていくことを
イメージしながら深呼吸を行うというものでした。

はじめは半信半疑でしたが、これが効果テキメンでした。
わたしはかつての明るさを取り戻すことが出来ました。

急いでも病気は治りません。ゆっくり確実に治すことです。

わたしは仕事をインターネットを用いた仕事に変え、
認知行動療法と深呼吸を始めてからだいぶ楽になりました。

体の不調の原因が分からず、ドクターショッピングを繰り返し、心療内科で「過剰適応障害」と言われました

私が、最初に感じたのは“体の不調”でした。

一番最初が“目眩”そして、“異常な肩こり“、”胃腸障害”等、
きりがありませんでした。

何故なのか分からず、ドクターショッピングを繰り返しました。
MRI、MRA何度撮ったでしょう。

腰痛も酷くなりました。

結果はいつも“異常なし”です。
病院もなす術は有りません。

でも、自分自身は、ツラくてしょうがないのに・・・
そして心療内科にたどり着きました。

「過剰適応障害ですね。」と言われました。
仕事場でも、友達関係でも、子供の頃から、頼まれたら断れない。

その場を楽しませなくてはと思ってしまう。

仕事で成果をあげて、認められたい。
直ぐに、友達になれる社交的な明るい人だと思われたい。

等、それもあげたらきりが有りませんでした。
初めて指摘された、自分の性格でした。

それまで、そうすることが、良い事だと思っていました。

断るエネルギーよりも、少し無理してでも、
他人に合わせえる方がマシだと思っていたのです。

残業付き合ってと言われて、断って「冷たい人」って思われるより、
疲れてても「助かったわ~。やっぱり貴方に頼んで良かった。」と言われた時の
達成感がたまらないと勘違いしてたんです。

本当の私は、そんなに強い人間ではなかったのです。

数十年の無理が、一気に吹き出して“体の不調”と言う形になって襲って来たんです。
それでも、薬を飲んで頑張りました。認めたくなかったんでしょうね。

そして、遂に寝込む所まで来てしまいました。

外に出れなくなって、仕事を辞めた当初は、
自分は役に立たない人間になったと、死にたいぐらいでした。

2年近く経って、今やっとこうしてパソコンにも向えるようになりました。

薬の量も少しずつですが、減ってます。
最初は、薬を飲む罪悪感も有って、勝手に減らしたりしてました。

先生にも家族にも怒られましたね~。

根本的な性格は、なかなか変えられませんが、「ボチボチ行こう」
「人の目は、そんなに厳しくないよ」「まず、自分の気持ちに正直に。」
「他人じゃなくて、家族を大切に。」って言いきかせながら生活してます。

いつか、薬を飲み忘れる日が来る事を信じて。

「過剰適応障害ですね。」と言われました

私が、最初に感じたのは“体の不調”でした。
一番最初が“目眩”そして、“異常な肩こり“、”胃腸障害”等、きりがありませんでした。

何故なのか分からず、ドクターショッピングを繰り返しました。
MRI、MRA何度撮ったでしょう。腰痛も酷くなりました。

結果はいつも“異常なし”です。
病院もなす術は有りません。

でも、自分自身は、ツラくてしょうがないのに・・・
そして心療内科にたどり着きました。

過剰適応障害ですね。」と言われました。
仕事場でも、友達関係でも、子供の頃から、頼まれたら断れない。

その場を楽しませなくてはと思ってしまう。
仕事で成果をあげて、認められたい。

直ぐに、友達になれる社交的な明るい人だと思われたい。
等、それもあげたらきりが有りませんでした。

初めて指摘された、自分の性格でした。
それまで、そうすることが、良い事だと思っていました。

断るエネルギーよりも、少し無理してでも、
他人に合わせえる方がマシだと思っていたのです。

残業付き合ってと言われて、断って「冷たい人」って思われるより、
疲れてても「助かったわ~。やっぱり貴方に頼んで良かった。」
と言われた時の達成感がたまらないと勘違いしてたんです。

本当の私は、そんなに強い人間ではなかったのです。
数十年の無理が、一気に吹き出して“体の不調”と言う形になって襲って来たんです。

それでも、薬を飲んで頑張りました。認めたくなかったんでしょうね。
そして、遂に寝込む所まで来てしまいました。

外に出れなくなって、仕事を辞めた当初は、
自分は役に立たない人間になったと、死にたいぐらいでした。

2年近く経って、今やっとこうしてパソコンにも向えるようになりました。
薬の量も少しずつですが、減ってます。

最初は、薬を飲む罪悪感も有って、勝手に減らしたりしてました。
先生にも家族にも怒られましたね~。

根本的な性格は、なかなか変えられませんが、
「ボチボチ行こう」「人の目は、そんなに厳しくないよ」
「まず、自分の気持ちに正直に。」「他人じゃなくて、家族を大切に。」って
言いきかせながら生活してます。

いつか、薬を飲み忘れる日が来る事を信じて。