小学校の頃の引越(転校)で社会不安障害になり、今はインデラルという βブロッカーと呼ばれるお薬でしのげています

初めまして。
普通の会社員している31歳女性です。

少しだけ私が社会不安障害と診断されてからの
出来事を綴っていこうと思います。

私は小学3年のときに大阪から地方へ引っ越してきました。

もともと活発な性格の私でしたが、
引越し(転校)してから引っ込み思案になりました。

なぜかというと、環境が変わり友達も一から作るという
小学3年の私にとっては重大なことだったからです。

数ヶ月はクラスにも馴染めず辛かったことを覚えています。

小学5年生の頃、国語の授業中に先生に当てられ
教科書を読むようにと言われました。

それまでは何も感じていなかったのですが、
その時は急に教科書を持つ手が震え手足がガタガタと震えました。

私も急なことなので「なんで?」と疑問でしたが、
それが今後の人生を左右するなんて夢にも思いませんでした。

それから中学・高校と進学していく中で、
人前で何か発言することが恐怖に変わり、
学校へ行くのが本当に嫌で仕方がありませんでした。

友達と会話することはなんともなく、むしろ楽しいのですが
授業中に人前にたって発言するときにだけ発作?
のようなものが出始めるようになりました。

高校生の頃は、本気で学校辞めたい!と悩んだほどです。

ですが、この悩み・不安を
誰に打ち明けていいのかわからないまま大人になっていました。

大人になるまで「人よりも緊張するタイプなんだ」と思っていましたが、
大人になって更に人前に立つことが増えてしまい、
症状はさらにエスカレートしていきました。

とにかく私の症状は、声・体の振るえ、動悸、息切れ、
予期不安(ありもしないことを考えてしまう)、
言葉がうまくしゃべれなくなるといった症状でした。

なかなか世間には受け入れてもらえない病気です。

心療内科にも精神科にもかかり、
精神安定剤など処方してもらいましたが私には何の意味もありませんでした。

気休めでしかなかったですね。

心療内科・精神科の先生からは
「社会不安障害・あがり症は気の持ちよう」とか
「あなたは緊張してるかもしれないけど、
人はそれほどあなたの話を聞いていないから
もっとリラックスした方が良い」など言われ、絶望しました。

今でもあのときの気持ちをはっきり覚えています。
ネットで徹底的に「社会不安障害 治療」と何度も何度も調べました。

ですが、これで治る!という方法は残念ながらないようです。

社会不安障害・あがり症に悩まされて20年以上経ちました。
いまだに症状は完治しておりません。

ですが、今はインデラルという
βブロッカーと呼ばれるお薬を飲んでいるので一時的には凌げている感じです。

現在、私は仕事をしながら
アロマセラピストの勉強をしています。

資格を取得して自分と同じような症状で悩んでいる人の
力になるのが私の夢ですね!

社会不安障害に悩んでおられる方は少なくないと思いますが、
いつかきっと治る!と信じて前に進んでいってほしいです。

小さいころから人前でのスピーチで、声が震えパニック状態になり、泣いてました

小さいころから人見知りの激しい性格で、
ずっと母親にくっついていました。

幼稚園に行くとき、離れることが嫌で泣いていました。
幼稚園の先生は、みんなの輪に入らない私を見て心配していたそうです。

小学生になると、学校に行く時間になると、
嫌だ!を何回も言い母親を困らせました。

学校についてからはクラスの子と話すということが苦痛で仕方ありません。
授業中も家に帰りたいという事ばかりを考えています。

小学生になると日直が回ってきて、
クラスの子の前でスピーチをしないといけません。

声が震えるし、パニック状態になり、ひどいときは泣いてしまいました。
みんなに笑われて嫌な思いをしました。

そのときは、終わればまったく気にしませんでした。
中学生になっても人見知りは直らずにクラスの子とあまり話せません。

国語の授業の朗読では読めても声は震えます。
感想をいう時には頭が真っ白になり、言う事が出来ません。

しまいには泣いてしまいます。

こんなことを繰り返す中学生活でしたが、
なんとか卒業して高校生になりました。

高校でも人見知りで、自分からは話せません。
中学より症状がひどくなりました。

誰かに話さないといけないような状況になると、
声が震えたらどうしよう、変な人に思われないかなあ、
と考えると声が出づらくなります。

人間関係がうまく作れずに困って学校をやめようか考えました。

母に相談して精神科を受診したときに、
社会不安障害と診断されました。

小さい時から病気だったみたいです。
今でも症状は残っていて、近所の人に会うのが怖くて避けています。

電話がかかると足が震えて受話器をとると喉がつかえた感じで声が出しづらいです。
きっとこれからも付き合っていかないといけないと思います。