社会不安障害で理由がわからないまま離婚をすることに

元々は、社会不安はなかったのですが、元夫の突然の行動で、
困惑して、ものすごくこちらも体調が悪くなり、それからというもの、
社会不安障害のような状態になりました。

買い物をしている時に、レジで並んでいて、
立っていられなくなるほどに調子が悪くなったりしました。

全く理由がわからないまま離婚をすることになったので、
子供の転校をしなくては行けませんでした。

先に、実家に冬休みだったので、移り住んでいたのですが、
転校手続きのために、元の学校や幼稚園に行かないと行けないことになっったり、
元の住んでいた市役所に手続きに行くことになったのです。

しかし、行こうと思っても、体がものすごく不調になってきて、
普通に元住んでいた市に行くことができませんでした。

しかし、行く必要があるので、少しずつ、近くまで、行ってみて、
調子が悪ければ、戻り、調子が良ければもう少し先まで行ってみるという感じで、
慣らしていきました。

その頃は、ものすごく疲れやすくなっていて、
寝ては起きての生活をしばらくしていました。

精神的に調子が悪い夫にされたことで、ものすごくこちらも調子が悪くなって、
人前や、社交の場に行くことがとてもしんどかったです。

何か言われるとか、変な目で見られるという感覚は特にはなくて、
ただ、特定の場所に行くと体調が悪くなるという感じでした。

多分、ベースにも体調不良があるのが、
その場に行くと更にそれがよくわかるという感じで感じられていたのでしょう。

突然に夫の人格が変わったことで、不安になり体調を崩しました

社会不安障害について、当時はどんなものかも知りませんでした。

しかし、結婚していて、11年め頃に、
突然に夫の性格というか人格が変わったようになって、
怒鳴り始めて、耐えていたのですが、耐えられないと思ってきている時に、
夫のほうが家を飛び出し、どうなるのかと不安に思って体調を崩しました。

子供も小さかったので、精神的な影響が出ていたと思います。

全く、話し合いがつかないままに、私が悪いということになって、
夫の家族にも責められることが多くなり、離婚をすることになりました。

それから、だいぶ体調が悪くなって、実家に帰ることができたので、
なんとかやれたのですが、周りの家族もわけが分からず、
私が何かしたのかと責められたりもしました。

私の前では、ものすごい、怒鳴りぶりを見せるのですが、
他の人の前では、泣きついたりと私からすれば、
夫はとても演技的に見えました。

病気のようにも見えました。

離婚までも、話し合いができずに、怒鳴られることが多かったのですが、
その後、私は、メンタル的な勉強をして、
精神的な病気が色々あることを知りました。

私も、住んでいたとなり町に行くことができず、用事があったのですが、
どうしても調子が悪くなって行けませんでした。

勉強をするうちに、その解消法を学んで、
なんとか行くことができるようになりましが。少し行って、
大丈夫ならもう少し、調子が悪いなら引き返すという具合に
少しずつ慣らしていく方法です。

今では、平気でいくことができるようになりました。