10代の頃に社会不安障害(SAD)と診断。「対症療法」を試してみました

10代の頃に社会不安障害(SAD)と診断され、
何年もとても辛い思いをしました。

人の目がすごく気になって普通に歩いていても
自分の歩き方は変じゃないかな」と思ったり、
笑い声がしただけで「私のことをみんなが笑っているんじゃないのか
と余計にへこんでしまいました。

それからは、精神科でもらった抗不安薬を常に持っていないと
不安でたまりませんでした。

しかし、薬の副作用で日中でも眠くなってしまうので
仕事に大きな影響を及ぼしてとても困っていました。

そんな時に偶然目にした「対症療法」という
社会不安障害(SAD)治療法に興味を持ち、
実際に試してみることにしました。

私はレジなどで会計した後におつりを貰うときに
手が震えてしまう
ことがとても気になっていたので、
対症療法でそれを改善しようと思いました。

あえて手が震える場面を頻繁に経験することによって
徐々にその場面になれていきました。

こうすることで少しずつ手の震えがおさまり、
苦手な場面でも過度に緊張せずに乗り切ることができるようになりました。

友達とのランチ会もあえて増やし、
人前で食事を食べることへの抵抗感を少しずつ消し去っていきました。

それらを乗り越えると、自分に自信がつくようになり、
普通に歩いている時に人の視線が前よりも
気にならなくなった自分がいました。

たまに笑い声が聞こえたり、じっと見られると
不安になってしまうこともまだありますが、
「ここで悪く思われても笑われてももう二度と会うことのない関係ない人だ」
と自分に言い聞かせることで気持ちをうまく切り替えられるようにもなりました。

同じように社会不安障害で苦しみ方たちに知ってほしいのは、
病気は治せるということです。

時間はかかるかもしれませんが、
自分の心に無理のないように病気と向き合っていきましょうね。