内気な性格の自分が『私』なのだと思い込んでいました

幼稚園の頃、私は周囲の大人からもよく『元気だね』
『いつもニコニコしている』と言われる程に活発な子供でした。

小学校に上がり、様々な事を勉強して楽しい毎日。

自分で言うのもなんですが成績は学年でも良い方で、
先生からも模範生としてよく褒められていました

けれど小学4年生の時
算数の授業で手を挙げて答えを発表した時です。

たまたま答えが間違っており
クラスメイトのやんちゃな数名の男の子達に笑われてしまいました。

彼らは悪気は無かったのだと思います。

しかし当時の幼い私には『自信満々で答えたのに恥ずかしい』
『失敗したら笑われてしまう』というトラウマ
が植え付けられたのです。

それから、私の性格は真逆に変わりました。
通知表の内申にも【積極性に欠ける】と書かれてしまう程に・・・

それからはずっとその性格は変わらず、
自分もその内気な性格の自分が『私』なのだと思い込んでいました。

当時の私にはそれが病気なんてとても思わなかったのです

17歳になりスーパーのレジで働きはじめ、
そこまでは問題無かったです。

勤続年数も長くなり、レジのリーダーを任される事になりました。

それに伴い新人を教育する為の研修を受けに行くことになり、
知らない他店舗の方々と話し合う場が設けられ
意見を求められた瞬間に頭が真っ白になり、
何も答える事が出来ず、泣き出してしまいました。

『社会人として情け無い』そればかりでした。

会社でも電話を取る担当は決まっていたのですが、
担当が不在の時は手の空いてる人間が取る決まりになっていました。

その電話も鳴っていても『もし、私の受け答えが間違っていたら・・・』
そう頭によぎり、電話を取る事もままなりませんでした。

とにかく発表の場では
・失敗したら笑われる・笑われる事が恥ずかしい
・素っ頓狂な事を言っているのではないか
・自分の答えは間違っているのではないか

と、考えるようになっていましたが、
その会社で別のストレスにより長期休暇を余儀なくされた際、
心療内科にかかったところ【社交性不安障害(旧・社会性不安障害)
とも診断されました。

その診断をくだされた時『あぁ、これは病気だったんだ、治せるんだ』
と思っただけで大分心が楽になりました

今は一ヶ月に二回、ゆっくりとカウンセリングをして、
4年生の頃の失敗を受け止め取り除いています。
特にお薬は使用していません。

少しずつ、少しずつですが前より表情も明るくなって、
話しかけられるのを待っていた事が多かった私が
自ら人に物を尋ねたりする姿に母も喜んでくれています

焦らず、ゆっくり、人に元気を与えられるような以前の私に
変われるよう頑張りたいと思っています