小さな頃から人見知りでした。
家では良く話すし、笑うのに、外に行くととっても静か
「すごくおとなしいのね」大人はそう言ってくれました。

ほっとしたのを覚えています。
でも学校に入学すると、そうもいかない。

本を読まされるのも嫌。
日直で前に文字を書いていても誰かに見られている気がする。

前に出てする発表なんて、もってのほか。

前に出て、言葉を発するまでの時間がものすごく息苦しい感じです。
小さな頃は赤面もよくしました。

でも赤くなったことがばれるのも嫌という感じです。

それなりに成績が良かったので、
リーダーに指名されることが多かったのですが全力で拒否しました。

部長に任命された時は、泣きました。泣いて逃げました。
それで部長からは解放されました。

大人になっても、スピーチは大嫌いでした。

派遣社員で働いていた私は、正社員になるよう部長に
勧誘されて、とてもなりたかったのですが、
「月に何回かある、課での自由発表が嫌」なので断りました。

自分でも不思議なのですが、嫌で嫌で、
想像しただけで息苦しくなるのです。

今までにもそういうことは何度もあって、
気持ちじゃなくて本当に息苦しいし、夜は悪夢も見ました。

随分たってから、SADという病気を知り、
もしかしたらSADなんじゃないのと言われて、
きっと私はそうだな、と、思いました。

でも、診断は受けませんでした。

病院が無い国なら、病気と判断されないはず
病気だと診断されたから治るものでもないし。

今は、なぜか、息苦しくなったり赤面することはなくなりました。
いつからかと言われたら、結婚してからだと思います。

自分に自信ができたら
見られてもなんとも思わないし、多少失敗してもなんとも思わなくなりました。

他人にどう思われたって、
家族は「大丈夫そのままでいいよ」って言ってくれるからです。

まわりの深い愛に救われてといいますか
愛情の中にいるから、病気も病気と思っていないのかもしれません。

人によるかもしれませんが、わたしは
「病気だ」と言われたら傷つくので受診しませんでした。

なんでも白黒つけないで、うやむやにして、大丈夫な範囲で、騙し騙し
自分を肯定するのも、ひとつの解決法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です